2019.12.20

愛らしさと凛々しさと。ロシアンブルーの魅力と暮らし方

PNS編集部

PNS編集部

数ある猫種の中でも、とびきりの愛らしさと凛々しさを合わせ持つのがロシアンブルー。その美しい佇まいは、多くの人を魅了してやみません。そんなロシアンブルーの魅力と正しい飼い方についてお話していきましょう。

ペットの治療費 こんなに高額に!?

ペットの治療費 こんなに高額に!?

今は健康なペット(わんちゃん・猫ちゃん)でも病気やケガは突然訪れるかもしれません。特に近年では動物医療の進化に伴い、治療費が思った以上に高額になるケースも。大切な家族のために、あなたも最適な選択ができるようにしてみませんか?

もくじ

    アッシュブルーとも呼ばれる美しい被毛

    Bildagentur Zoonar GmbH/shutterstock

    なんといっても目を引くのがまるでビロードのような被毛。この美しさに惹かれて家族に迎える人も多いはずです。この毛色は「アッシュブルー」とも呼ばれていて、ロシアンブルーの大きな特長でもあります。

    その毛色はいわゆるグレーとも違う、独特の深い色合いが見受けられます。「ティッキング」と言われる、一本の毛にみられる異なった色の帯が濃淡をつくっているのです。

    ショートヘアでありながらもダブルコートの豊かな毛並み、一本一本が細く、触ってみればわかりますが、その感触はまるでシルクのようです。

    その被毛の美しさをさらに彩るようなエメラルド・グリーンの瞳、すっきりとした印象の三角形の頭。さらには口角が緩やかにカーブしていることから、微かにほほ笑んでいるように見える「ロシアンスマイル」はロシアンブルーのさらなる魅力を彩っていると言えるでしょう。

    ロシアンブルーは人懐こい?

    Dizfoto/shutterstock

    続いてロシアンブルーの性格についてお話しましょう。ロシアンブルーは「愛情深い猫」と言われています。飼い主の後をどこへでもついてくるようなイメージです。
    ロシアンブルーの見た目や雰囲気からすると、とても意外だと思いませんか? もっとツンツンしていそうな感じですよね。

    しかし、ロシアンブルーにとって家族はとても大事なものだと認識しているらしいのです。ですので、スキンシップはとても大切だと言えるでしょう。
    甘えたがりの部分もあるので、撫でたり触ったりしながら、愛情を伝えることが必要です。

    ただ、プライドが高く気まぐれなところもあり、飼い主を独占したい、という気持ちも強いようです。家族のなかでも「この人!」と決めて甘えたりします。そこが可愛いといえば可愛いわけですが、初対面のお客様を連れてきたりすると、もともとの臆病さから隠れてしまったりするので、無理強いをしてストレスをかけないようにしましょう。

    ロシアンブルーがかかりやすい病気

    Bildagentur Zoonar GmbH/shutterstock

    それではロシアンブルーと暮らすうえで注意しなければならない病気はなんでしょうか。
    実はロシアンブルーは病気になりにくい、と言われています。それというのも、遺伝病が報告されていないということがあげられます。遺伝病とは、その種の遺伝子に関わる病気のことです。
    たいがいはその種ごとにかかる可能性が高い病気が報告されているのですが、ロシアンブルーについては比較的健康な個体が多い種だと言えるのではないでしょうか。

    とはいえ生き物ですから、もちろん病気になることもあります。ロシアンブルーでよく取り沙汰されているのが「目の病気」。たとえば結膜炎などです。
    結膜炎とは、まぶたの裏側を覆っている膜に炎症が発生した状態です。症状としては痒がったり白目が充血したり、膿を出したりします。目やになどが目立つようなら、動物病院へ診察に行きましょう。

    ロシアンブルーの日常ケア

    Elena Sonmez/shutterstock

    ロシアンブルーの被毛はアンダーコートとトップコートによるダブルコートで、短毛といえども抜け毛がたくさん出ます。コームなどでやさしくブラッシングしてあげてください。

    ダブルコートで豊かな毛量のロシアンブルーは、毛質も水をはじくほど脂分が多く、この脂のおかげで毛並みが艶やかです。シャンプーはそれほど神経質にならずに最低限でよいでしょう。健康的なロシアンブルーは、ブラッシングだけで驚くような美しい被毛をキープできます。

    その厚い被毛により寒さには強く、暑さには弱いため、夏は注意が必要です。夏の外出時に家でお留守番をさせておくときには、かならず冷房をつけておいてください。

    ロシアンブルーはほとんど鳴かず、鳴き声も小さいことから「ボイスレスキャット」とも呼ばれています。マンションなどでも飼いやすい猫だと言えるでしょう。
    鳴かなくても、からだを飼い主にこすりつけたり、喉を鳴らしたりして近づいて来たときは、飼い主とコミュニケーションをとりたいという行動です。そんなときはちゃんと構ってあげてください。おもちゃなどを使って遊んであげるのも喜びます。何よりも「自分の要求に応えてくれる」ことが、ロシアンブルーにとってとても大切なのです。

    ロシアンブルーと共に生きる

    Utekhina Anna/shutterstock

    ロシアンブルーはストレスが溜まると威嚇やひっかき、噛み付きなど、突然凶暴になることがあると言われています。
    しかしこれは、突然「凶暴」になるわけではなく、自分の気持ちを訴えているだけなのではないでしょうか。きっと凶暴という言葉だけが先走りしているのです。

    まずはストレスをためさせないこと。つまりストレスの原因を探り、それを解消することが求められます。
    最近、帰りが遅くなっていないですか? あるいは来客が増えたりはしていませんか? もしくは大きな音が鳴るようなことをしていませんか?

    これらはすべてロシアンブルーにとってストレスになり得ます。ロシアンブルーに限らず言えることですが、猫が「快適に」毎日を過ごせるシチュエーションをこしらえるのが、飼い主の役割なのは間違いありません。ロシアンブルーとすばらしい毎日を過ごすためには、もう一度身の回りを整えるつもりで見直していくことが必要です。

    ロシアンブルーは飼い主のことが大好きです。わたしたちもその気持ちに精いっぱい答えられるよう、快適な生活を愛猫に約束してあげましょう。

    プロフィール

    PNS編集部

    PNS編集部

    ペットライフに新しい発見を。
    ペットニュースストレージ編集部です。

    ペットニュースストレージは専門家監修の下、
    ペット&ファミリー損害保険株式会社が運営しています。

    げんきナンバーわん

    太陽生命、大同生命をはじめとした
    生命保険グループがつくったペット保険です。

    げんきナンバーわんスリムの特長

    • ・スリムな保険料、月々1,360円から!
    • ・10歳以上の保険料は変動なし!
    • ・保険金の日額制限・回数制限なし!
    • 手術・入院、通院まで幅広く補償!
    PF-D-140 190827