猫も熱中症にご用心!症状と対策、応急処置の方法を解説!
2021.06.14 作成 2021.09.01 更新

猫も熱中症にご用心!症状と対策、応急処置の方法を解説!

PNS編集部

PNS編集部

気温が上がる夏場は、人間だけでなく猫にとっても辛い環境です。そんな夏場に大切な愛猫を守るために、猫の熱中症について正しく理解をしておきましょう。
この記事では、人とは違う猫の熱中症サインやすぐにできる対策を解説しています。猫の熱中症はあっという間に命を奪う怖いものです。快適で安全に夏を乗り切るために、ぜひお役立てください。

もくじ

    猫の熱中症はどんな症状?

    猫の熱中症はどんな症状?

    (effective stock photos/shutterstock)

    人の熱中症との違いに要注意!

    人の熱中症に多い症状は次のとおりです。

    • 顔のほてりやめまい
    • 触れてわかるほどに体温が高い
    • 吐き気がある、嘔吐をする
    • 異常なほど汗をかく、またはまったく汗が出ない
    • 筋肉のけいれん、筋肉痛
    • 水が飲めないほど朦朧としている

    また、体温の上昇に伴って皮膚が赤く変化する様子も見て取れるため、周囲の人が異常に気づきやすいのも特徴です。

    <人の熱中症についてもっと詳しく知りたい方>
    熱中症ってどんな症状?かかりやすい人と対策方法(外部サイト)

    しかし、猫の熱中症の場合はこういった症状が、初期の段階ではほとんど現れません。

    猫は体調不良を隠すのも上手いため、人と同じような症状が出た時はすでに重篤な状態の可能性もあります。猫の熱中症サインを見落とさないようにしましょう。

    猫にこんな症状がでたら熱中症を疑おう

    室内の温度が30度を超えると、猫が熱中症になる可能性が高くなり、高齢や長毛の猫は30度以下の場合でも熱中症になる可能性があります。

    暑いな、と感じた日は以下のような症状が出ていないかよく注意してください。

    猫の熱中症、初期にみられる症状
    猫が熱中症になりかけ、または初期の状態では、次のような症状が見られます。 

    • 口を開けて荒い呼吸をしている(パンティング)
    • ごはんを食べない
    • ウロウロとして落ち着きがない
    • 目の粘膜や耳、口の中がいつもより赤い

    「ただ暑がっているだけ」と思いがちな症状が多いですが、軽視するのは危険です。体の小さい猫はあっという間に熱中症が重症化する恐れがあります。

    猫の熱中症、中度のときにみられる症状
    次のような症状が出た場合は、熱中症になっていると考えられます。すぐに対処をしないと危険です。

    • 嘔吐や下痢をしている
    • 全身を硬くして震える
    • ヨロヨロと歩いたりふらついたりする
    • 体温が40度以上ある

    体温は体に触れて感じるよりもずっと高温になっている可能性があります。必ず肛門から検温して正確な体温を計ってください。

    至急病院へ!猫の熱中症、重度のときにみられる症状
    次のような症状が見られる場合は、命に関わる重度の熱中症になっている可能性が高いです。

    • けいれんを起こしている
    • ぐったりとしていて動かない
    • 意識が無い

    けいれんをしている場合はもちろん、呼びかけに反応しないような場合は大至急動物病院に連れて行きましょう。

    猫の熱中症対策でやっておきたい5つのポイント

    猫の熱中症対策でやっておきたい5つのポイント

    (Daria Kulkova/shutterstock)

    猫は人よりも体温調節が苦手です。飼い主がしっかりと暑さ対策をしてあげましょう。お家の中で簡単にできる効果的な熱中症対策を5つご紹介します。

    1) 部屋全体を27度前後に維持する

    簡単で効果的な方法は、部屋をエアコンで27度前後に調節する方法です。リスクの高まる温度を下回る水準でキープすれば、ぐっと熱中症の危険度は下がります。

    外気温が30度を超えそうな日は積極的にエアコンを活用しましょう。

    2)水飲み場は複数用意する

    熱中症予防は水分補給も効果的です。新鮮な水をいつでも飲めるように、必ず複数の水飲み場を用意しておきましょう。

    神経質な猫は、知らない器やいつもと違う場所の水を飲みません。暑くなってきたら早めに水飲み場を増やしておくと安心です。

    普段から水をあまり飲まない猫もいます。その場合は、強制的に飲ますのも難しいので、ごはんの水分量を増やして少しでも水分補給をさせましょう。

    3)扇風機は空気の循環に使う

    扇風機やサーキュレーターは人が使うと涼しいと感じますが、毛に覆われている猫に対してはあまり効果がありません。空気の循環を作る装置として、エアコンと併用をするようにしましょう。

    ただし、ケージの中にいる猫の場合は、エアコンや扇風機の風が直接当たらないように注意してください。ずっと風が当たりすぎてしまうと、体が冷えすぎて体調を崩してしまいます。

    4)避難場所を用意しておく

    留守中に、停電やエアコンの故障が発生したときのことも考えなくてはいけません。

    外気温が30度を超える日の場合は、あっという間に室内の温度が上がって熱中症の危険性が高まります。電気を使わないひんやりグッズや、風通りのよい場所を用意しておきましょう。

    5)ブラッシングをしておく

    長毛種の猫は冬毛がいつまでも残ってしまい、それが原因で体温が上がりやすくなります。できるだけブラッシングで抜け毛を除去しておきましょう。

    長毛種の暑さ対策としてサマーカットにする人もいます。確かに暑さは軽減できますが、皮膚へのダメージやストレスがかかるデメリットもあります。ブラッシングだけでも熱は逃しやすくなるので、猫の負担をよく考え、慎重に決めるとよいでしょう。

    熱中症になりやすい猫の種類は?

    熱中症になりやすい猫の種類は?

    (ANURAK PONGPATIMET/shutterstock)

    どんな猫にも熱中症の危険はあります。その中でもとくに気を付けたいのは短頭種と長毛種です。

    短頭種と長毛種が熱中症になりやすい理由

    ペルシャやヒマラヤン、ブリティッシュショートヘアなどの鼻が短い猫の種類を「短頭種」といいます。「鼻ぺちゃ猫」という愛らしいネーミングもありますね。短頭種の猫は、呼吸による体温調節が苦手なため、熱中症になってしまうリスクが高いです。

    メインクーンやラグドール、ペルシャなどの長毛種は熱がこもることが原因で熱中症になります。ブラッシングをしていれば熱を逃しやすくなりますが、それでも短毛種よりも熱がこもりやすいので注意してあげましょう。

    短頭で長毛のペルシャやヒマラヤンは特に注意が必要です。もちろん日本猫やミックス猫でも短頭・長毛の特徴がある場合は同じリスクがあります。

    年齢や体質で熱中症になりやすい猫もいる

    短頭種や長毛種でなくても、次の条件に当てはまる猫は、より入念に熱中症対策を行う必要があります。

    • 子猫
    • 高齢の猫
    • 肥満の猫
    • 持病がある猫

    子猫や高齢の猫は体温調節が上手にできません。飼い主さんが管理をして冷やしてあげましょう。

    肥満の猫や持病がある猫は暑さによって弱りやすいです。内臓に負担がかかって急激に病状が悪化する可能性もありますので注意してあげましょう。

    万が一熱中症になった時の対処方法は?

    万が一熱中症になった時の対処方法は?

    (Tom Wang/Adobe Stock)

    猫に熱中症の症状が出ていたら、すぐに体を冷やして急いで動物病院に連れて行きましょう。移動中も応急処置をしておくことが重要です。すぐにできる熱中症の応急処置をご紹介します。

    1)保冷剤で首と脇を冷やす

    保冷剤や氷を入れた袋をタオルに包んで、人間と同様に首と脇を冷やしてください。太い血管を冷やすことで、循環する血液の温度も下がります。夏場は万が一に備えて、小さめの保冷剤を準備しておくと安心です。

    2)全身をゆっくりと冷やす

    全身をゆっくりと冷やす

    (awindrunner/shutterstock)

    濡れタオルで全身を包んで冷やす、風を送ってこもった熱気を逃すことも効果的です。水が平気なら霧吹きで濡らしてあげてもよいでしょう。

    3)水を飲ませるときは慎重に

    意識がはっきりとしている場合は水を飲ませてください。飲まない場合は布に水を含ませて、口元で絞って水滴を与えると飲み始めることがあります。

    水滴を与えても舌や喉が動かないときは、無理に飲ませてはいけません。意識がなく、窒息してしまう可能性があります。

    安心して夏場を過ごすなら保険に加入しておこう

    暑い夏場は、人だけでなく猫にとっても熱中症の危険が高まります。こちらでご紹介した熱中症対策を行うことはもちろんですが、万が一に備えてペット用の保険にも加入しておくと安心です。

    まだペット保険に加入していないという方は、ぜひペット保険をご検討ください。

    ペット保険 げんきナンバーわんスリムについて見る
    ペット保険 げんきナンバーわんスリム

    猫だけでなく、人も夏場は熱中症に注意が必要です。人も十分に対策をしておくことが大前提ですが、どうしても意図せず病気にかかってしまうこともあるでしょう。

    その際、入院することになってしまうと、治療費に加えて入院費もかかってしまいます。そこで、太陽生命が提供するスマ保険「入院重点プラン」をご検討してみてはいかがでしょうか。

    スマ保険はスマートフォンから申し込みが可能で、日帰り入院から一時金を受け取れます。気軽にお見積りをすることもできるので、気になった方はぜひこちらもご覧ください。

    スマ保険 入院重点プランについて見る



    著者・監修者

    PNS編集部

    ペットライフに新しい発見を。
    ペットニュースストレージ編集部です。

    PNS編集部

    ページトップに戻る