かわいい犬と暮らしたい!人気の高い犬の種類TOP5とライフスタイルにあった犬の選び方のポイント
2021.12.14 作成

かわいい犬と暮らしたい!人気の高い犬の種類TOP5とライフスタイルにあった犬の選び方のポイント

PNS編集部

PNS編集部

犬との暮らしに憧れていても、どうすれば自分にぴったりの犬が見つけられるのか分からない人は多いのではないでしょうか。一口に犬といってもたくさんの犬種があり、それぞれ性格や飼育に必要な環境も違います。自分のライフスタイルや犬と一緒にしたいことを考えて、自分にあった犬を選びましょう。

もくじ

    まずはライフスタイルを考えよう

    かわいい犬と暮らしたい!人気の高い犬の種類TOP5とライフスタイルにあった犬の選び方のポイント
    (Susan Schmitz/shutterstock)

    犬を飼いたいと思ったとき、最初に悩むのが「本当に飼えるのか」ということです。街で見かける犬や愛犬家のブログ、書籍などでさまざまなイメージを膨らませていくのはとても楽しいことですが、その前にまずは自分のライフスタイルを振り返ってみることが大切。

    ここでは、犬を飼えるか判断する際のポイントをお伝えしていきます。

    住んでいるのはマンション?一戸建て?

    まず、ペットと暮らす住環境について考えます。あなたが暮らしているのはマンションですか。それとも一戸建てですか。

    マンションの場合はまず、規約によってペットが飼えるかどうかを確認することからスタートしましょう。また、ペット可であっても飼える頭数や犬の大きさに制限がある場合もありますので注意が必要です。一戸建ての場合は、家族の同意を得ることが大切です。

    飼育スペースはとれる?

    次に、ペットのための十分なスペースが確保できるかどうかを考えます。ワンルームマンションでも、あまり運動量が必要のない小型犬なら大丈夫。大型犬と暮らすのならもう少し広いところへの引越しを検討した方が良いかもしれません。

    今住んでいる家が少し手狭かなと思っても、庭があったり十分に運動ができる公園やドッグランなどが近隣にあれば、話は変わってきます。毎日十分に運動できる環境があれば、運動量が豊富な大型犬との暮らしも夢ではないでしょう。

    また、鳴き声や臭いなどへの配慮も必要です。近隣との距離が近い場合は、できれば無駄吠えが少なくおっとりした犬種や、鳴き声があまりうるさくない犬種を選んで、ご近所トラブルを起こさないように注意したいものです。

    大型犬の飼育には広いスペースが必要になりますが、性格は穏やかで無駄吠えをしない犬種が多いと言われています。そのため、飼育スペースさえ確保できれば、鳴き声でトラブルになることは少ないかもしれません。

    家族構成は?

    次に考えたいのは家族構成です。

    一人暮らしの場合

    あなたが一人暮らしなら、仕事中や外出中は犬が一人で留守番をすることになります。留守番が犬にとってストレスにならないよう、我慢強く穏やかな犬種を選びましょう。

    家族の場合

    家族がたくさんいていつも家に誰かがいるような家庭なら、甘えん坊の犬種でも大丈夫です。散歩などの世話を家族で分担すれば、みんなの愛情を受けて犬ものびのびと暮らすことができます。家族にたくさんの愛情を返してくれるでしょう。

    子どもがいる場合

    小さな子どもがいる家庭なら、神経質だったり攻撃的な面を持っていたりする犬種は向いていません。犬種にとらわれず、子どもの年齢や性格に合わせて仲良くできる友達のような犬を選ぶよう心がけましょう。

    体が小さいと安心な気がして小型犬に目がいきがちですが、すべての小型犬が子どもと暮らすのに向いているわけではありません。

    年配夫婦の場合

    シルバーの夫婦で暮らす家なら、運動量が豊富な犬種や力が強い犬種と暮らすのは大変かもしれません。自分たちの暮らしや体力をよく考え、お互いに無理のない暮らしができる犬種選びが大切です。

    また、生涯飼育ができるよう成犬を迎え入れることを検討するのも良いかもしれません。

    一緒に過ごす時間の余裕はあるか?

    本来群れで暮らす犬は、ほとんどの犬種が一人きりで長時間過ごすことを好みません。そのため、一人で寂しく過ごす時間が長ければ犬はストレスをためてしまいます。

    悲しく寂しい思いをさせないためにも、日々の生活の中で自分が犬にかけられる時間がどのくらいあるか、一度しっかりと考える必要があります。

    犬と触れ合う時間をあまり取れないようであれば、長時間の散歩が必要な犬種や、毎日のお手入れに時間がかかる犬種と暮らすのは難しいでしょう。トレーニングに関しても外部に依頼するのでなければ、トレーニングが必要な犬種も選ばないほうが賢明です。

    逆に長時間を割けるのであれば、選べる犬種の幅は広がります。住環境や家族構成に照らし合わせて、好きな犬種を選んでいきましょう。

    犬と一緒にしたいことは?

    犬と一緒にのんびり過ごしたいのか、さまざまなアクティビティを一緒に楽しみたいのか、おしゃれをして街に出かけたいのか…最後に、あなたが犬と一緒にしたいことについて考えましょう。

    一度飼い始めたら、犬は10数年にわたって一緒に暮らすパートナーになります。犬は飼い主さんの良きパートナーとして、さまざまなシーンを一緒に過ごしてくれます。しかし、その犬の特性に合わない行動は怪我やストレスのもとになってしまいます。犬との暮らし方を色々と想像して、飼えるかどうかを判断しましょう。

    飼いやすさに差はあるの?

    飼いやすさに差はあるの?
    (SB Arts Media/shutterstock)

    犬との暮らしを思い描くことができるようになってきましたか。次は、迎え入れる犬を選ぶポイントをお伝えしましょう。

    子犬?それとも成犬?

    圧倒的に人気があるのは子犬です。小さく愛らしい姿は、見ているだけで癒されるという人も多いです。一緒によく遊べ、何よりも成長の過程を見守る楽しみがあります。ただし、その分成犬に比べると圧倒的に手がかかります。

    しつけのためのトレーニングに時間がかかるだけでなく、月齢によっては授乳や排泄など数時間おきのお世話が必要になることもあります。体もまだ弱いため、細やかな健康管理も必要になります。静かにマイペースに暮らしたい人に子犬の世話は大変かもしれません。

    留守がちな人、体力に自信がない人などは、すでに成長や体調が落ち着いている成犬のほうが気楽に暮らせるでしょう。

    オスとメス、どっちがいい?

    オスはメスに比べると筋肉や骨格が発達しており、体が大きい傾向があります。好奇心が強く、人懐っこい性格の子も多いと言われており、子犬の頃は特に活発に運動することが多いでしょう。

    一方、メスはオスに比べるとおとなし目の子が多く落ち着いていて、自立心も高めです。縄張り意識も強くないので多頭飼いにも向いています。ただし、避妊手術をしなければ半年ごとに発情期がやってきます。1〜2週間ほどの間は出血の処置や去勢していない雄犬に対して注意が必要です。

    繁殖を希望しない場合は、オス・メスともに手術が必要になりますが、メスの方が費用も時間もかかります。

    【関連記事】
    犬の生理(ヒート)とは?期間や症状、犬の発情期の注意点を知っておこう

    単頭飼育と多頭飼育

    犬はもともと群れで暮らしているため、多頭飼育が向いていると考える人は多いですが、全ての犬に当てはまるわけではありません。

    犬同士が仲良くなれば、一緒に遊ぶなど運動不足の解消にも役立ちますが、縄張り意識が強い犬の場合には同居犬の存在がストレスになることも。飼い主さんの愛情をめぐってやきもちを焼き、喧嘩することも少なくありません。

    また、多頭飼育の場には飼育に必要な費用も頭数分かかります。いずれの場合にも、犬の性格をよく見極め、決断することが大切です。

    日本で人気の犬ランキング

    日本で人気の犬ランキング
    (Duet PandG/shutterstock)

    どの犬を見ても可愛くて、選ぶのに困ってしまいますね。ここではそんな人のために、日本で人気の犬TOP5をご紹介いたします。

    1位 トイ・プードル

    1位トイプードル
    (dezy/shutterstock)

    日本の住環境にぴったりのトイ・プードルは、街でもよく見かける大人気犬種です。抜け毛がなく匂いや無駄吠えも少なく、とても賢いですが、運動量はそれなりに必要です。

    【関連記事】
    【プロドッグトレーナー監修】 トイプードルってどんな犬?性格・飼い方・特徴についてご紹介

    2位 チワワ

    2位チワワ
    (PITAKSUNTI/shutterstock)

    世界一小さな犬種であるチワワも日本で飼いやすい犬種と言えます。ただし、警戒心が強く勇敢なので、子犬の頃から社会化に関するしつけをしっかりする必要があります。

    【関連記事】
    チワワってどんな犬?性格・飼い方・特徴についてご紹介

    3位 柴犬

    3位柴犬
    (Irina Vaneeva/shutterstock)

    日本の天然記念物にも指定されている犬種で、日本犬らしい自立心や警戒心を持ち合わせています。構われすぎるのは苦手で独立心が強い一面がありますが、飼い主さんと遊ぶことが大好きです。

    【関連記事】
    柴犬とは?性格・特徴から飼い方まで魅力を紹介!
    豆柴(柴犬)の性格と特徴から知る飼い方

    4位 ミニチュア・ダックスフンド

    4位ミニチュア・ダックスフンド
    (Zadranka/shutterstock)

    長い胴と短い足がかわいいミニチュア・ダックスフンドは、明るく活発な犬種。運動することが大好きなので、しっかりと散歩の時間をとってストレスを発散させることが大切です。

    【関連記事】
    【プロドッグトレーナー監修】いつでも人気の衰えない小型犬、ミニチュア・ダックスフンドの魅力と暮らし方


    5位 ポメラニアン

    5位ポメラニアン
    (Roman Zaiets/shutterstock)

    ポメラニアンは、優雅さを感じさせる見た目と活発な性格で人気の犬種です。小さな体をしていますが毎日のお散歩は必須。無駄吠えしやすいため、しつけもしっかり行いましょう。

    【関連記事】
    ポメラニアンと暮らすために。正しい飼い方を学ぼう

    家族に迎え入れるまでに準備したいもの

    犬を迎え入れるまでに、準備しておきたいものは、以下の通りです。約4~5万円ほどをみておくとよいでしょう。

    【寝床の準備】
    ・ペットサークル
    ・クレート(ペット用キャリー)
    ・ベッド

    【日用品の準備】
    ・ドッグフード
    ・フードボウル
    ・水飲みボウル

    【トイレ用品の準備】
    ・トイレトレー
    ・トイレシーツ

    【ケア用品】
    ・ブラシ
    ・爪切り
    ・ペット用シャンプー
    ・歯磨きグッズ

    【その他】
    ・首輪
    ・リード

    事前に飼育環境を整えておく必要もあります。危険なもの、噛まれては困るものは片づけるなどしておきましょう。

    夏場はクーラーなど空調設備のできるものも備えておくと安全です。余裕があれば、犬が遊べるおもちゃなども買っておきましょう。

    【関連リンク】
    犬を迎える前に準備しておきたいもの
    犬を迎える前に整えておきたい室内のポイント
    犬をペットとして迎える時の心構え

     その他の初期費用

    役所への登録料やワクチン接種・健康診断の費用として2万~3万円ほどがかかります。 

    1カ月にかかる飼育費用は?

    1カ月にかかる飼育費用は?
    (Master1305/shutterstock)

    犬の平均的な飼育費用は、大きさによって変化します。日本で人気の小型犬は1カ月あたり1~2万円、中型犬は1万5,000~3万円、大型犬は2万5,000~3万5000円になります。

    食費

    フードやおやつといった食費。こちらも価格はピンキリですが、平均すると1カ月で3,000~1万5,000円ほどかかります。

    日用品代

    トイレシーツなどの日用品が1,000~1万2000円前後。

    シャンプー・トリミング代

    また、シャンプーなどのお手入れをトリミングサロンにお願いする場合は、その費用も必要になります。平均すると1回3,000~1万円ほどかかります。大型犬の場合は1万円を超えることもあります。

    医療費

    フィラリアやノミ・ダニの予防薬なども含め、健康であっても医療費として年間で3~6万円ほど必要でしょう。1カ月にすると3,000~4,000円程度です。

    知っておきたい、ペットの医療事情

    初めて犬を飼う方の盲点となるのが、ペットの医療事情です。ペットには公的な健康保険がなく、治療費は全額自己負担となります。自由診療のため病院によって料金が異なる点が、人間とは違います。

    小型犬がかかりやすい病気・ケガ

    子犬は、骨折や異物誤飲が多いです。

    ・骨折の平均的な治療費:7万~15万円
    ・異物誤飲の平均的な治療費:1万5,000~3万円 ほど

    ただし、どちらも場合によっては20万円を越えるケースもあるため、住環境を整えるなど事前の予防が大切です。

    お迎えしたばかりの頃は環境変化によるストレスで軟便や風邪にもなりやすいので体調の変化にも気を付けてあげましょう。

    ペット保険

    ペットの年齢によって保険料は変わります。1カ月の保険料の目安は以下の通りです。

    ・小型犬の保険料:1,300~2,800円*
    ・中型犬の保険料:1,500~3,000円*
    ・大型犬の保険料:1,800~3,500円* ほど。

    0~3歳の間に加入するケースが多いです。ペット保険は、健康でないと加入できず、加入可能年齢が「満7歳まで」のように制限のある場合がほとんど。人間と同じように犬も年齢が上がれば病気のリスクも上がるため、早めに加入したいものです。

    【ペット保険選びのポイント】

    ペット保険はたくさんの種類があり、どれも同じように見えるかもしれませんが、各保険商品によって補償内容は大きく異なります。

    保険料だけではなく、以下の補償内容をよく理解し、最もご自身に適した保険を選ぶようにしましょう。

    ・その犬種が発症しやすい慢性疾患
    ・金銭的に負担の大きい高額な手術に対応できているか
    ・1日あたりの支払い金額に制限がないか など

    保険最強ランキング2年連続1位のペット保険_小型犬

    *参照:慢性疾患にも、高額治療にも対応したペット保険!ペット&ファミリー損害保険「げんきナンバーわんスリムプラン50」

    ライフスタイルに合った犬と楽しく暮らそう

    もしかすると、飼いたい犬種と飼うことに向いている犬種が違うこともあるかもしれません。一生を共にするパートナーが寂しい思いをしないか、安心して暮らす環境を整えられるかなど、じっくりとシミュレーションしてよく検討しましょう。お互いに幸せに寄り添える犬種を選びましょう。

    著者・監修者

    PNS編集部

    ペットライフに新しい発見を。
    ペットニュースストレージ編集部です。

    PNS編集部

    ページトップに戻る