ペット保険(犬・猫への保険)「ペット&ファミリー」TOP    >    ペットニュースストレージ(全ての記事一覧)    >   犬のコラム記事一覧    >   柴犬ってどんな犬?性格・飼い方・特徴についてご紹介
2019.06.27

柴犬ってどんな犬?性格・飼い方・特徴についてご紹介

PNS編集部

PNS編集部

日本の天然記念物にも指定されている、柴犬。古来から日本人の狩猟の伴侶として、山間部を駆け巡ってきたタフな犬種です。イノシシやクマなどに対峙してきたので、そのマインドもタフで、飼い主さんに忠実なところも柴犬の個性と言えます。日本犬の中ではもっとも小型で、マンションでも飼えるサイズとはいえ、決して初心者向きとはいえない柴犬とのハッピーライフの秘訣を心得ておきましょう。

ペットの治療費 こんなに高額に!?

ペットの治療費 こんなに高額に!?

今は健康なペット(わんちゃん・猫ちゃん)でも病気やケガは突然訪れるかもしれません。特に近年では動物医療の進化に伴い、治療費が思った以上に高額になるケースも。大切な家族のために、あなたも最適な選択ができるようにしてみませんか?

もくじ

    柴犬の飼い方。運動と散歩について

    Grisha Bruev/shutterstock

    現在は家庭犬としての人気が高まっていますが、一緒に暮らすには、愛玩犬グループに属するような小型犬や中型犬と比べて少し覚悟が必要になります。
    まず満たしてあげたいのは、運動欲求。イノシシ猟やクマ猟で活躍した柴犬は、高い運動能力を備え、起伏のある野山を駆け回りたいという欲求が生まれつき備わっていると言っても過言ではありません。
    可能な限り、毎日1~2回は散歩に行ってあげましょう。ただ歩くだけでなく、小走りをしたり、公園でロングリードにして走らせたり、ボール遊びをしたり、変化に富んだ運動を提供してあげれば、きっと愛犬の満足度もアップするはずです。
    さらに、散歩は体だけではなく脳の運動としても意義が深いもの。散歩中に、呼び戻しやアイコンタクトなどのトレーニング的な要素を取り入れ、かつての柴犬が猟を行っていたようなシチュエーションを模倣して“作業意欲”を満たてあげるのもおすすめです。

    柴犬はストレスがたまると問題行動につながるので要注意

    Ekaterina Brusnika/shutterstock

    運動欲求や作業意欲を満たしてあげないと、柴犬はストレスが溜まって、いわゆる問題行動と呼ばれるような、飼い主さんからすると困った行動を見せるようになるかもしれません。
    たとえば、家具などをかじる破壊行動や、過剰に吠えるといった行動です。
    そうした問題行動は、散歩時間を増やしたり、散歩の質を高めたり、室内でトレーニングなどをして作業意欲を満たすことで解消されるケースが少なくありません。
    室内では、長時間かじれるタイプのおもちゃや、内部にフードやおやつを仕込める知育玩具などが、柴犬たちの日々の充足感を高めるアイテムとして有効活用できます。

    柴犬の性格と飼い方・育て方

    Didkovska Ilona/shutterstock

    柴犬の大きな特徴のひとつが、現在の言い方でいうところの“ワン・オーナー・ドッグ”であること。飼い主さんには忠実ですが、ほかの人や同居犬以外には関心を示さないという性格の柴犬が多数いるでしょう。家族のなかでも、だれか一人に絞って忠誠を示す柴犬もいます。
    そんな柴犬には、可能な限り幼い子犬期から、なるべく人やほかの犬に慣れる社会化をしっかり行いたいものです。ワクチンプログラム終了前は、抱っこ散歩でたくさんの人に触れ合わせ、おやつをあげて撫でてもらってください。ほかの犬にも、積極的に触れ合わせるようにしましょう。
    そうして社会化を強化しても、ある程度の年齢になってきてから、ほかの人や犬を受け付けなくなる柴犬もめずらしくありません。もし愛犬がそうなってしまったからと言って、落胆は不要です。「柴犬だもん。そういうもの」と割り切って、無理強いせず、ほかの人や犬と適度な距離を置いて生活するのがよいでしょう。
    また、飼い主さんに対しても、洋犬のようにベタベタと甘えてこない柴犬も多数。愛犬に距離を置かれているような気になって物足りない部分もあるかもしれませんが、それもまた、柴犬ならではの魅力と考えて、ありのままを受け入れてあげましょう。

    柴犬の特徴とかかりやすい歯周病という病気

    otsphoto/shutterstock

    柴犬は生粋の日本犬。日本人同様、スキンシップが苦手です。そのため、ブラッシングや歯磨きや爪切りなどを嫌がる傾向にあると、多くのトリマーやドッグトレーナーが口をそろえます。
    柴犬と暮らし始めたら、早期に、口、足先、体全体などを触っても抵抗感を抱かないように練習をしましょう。おやつを使って、愛犬がおやつをかじっている間に体を触って慣らしていく方法がおすすめです。
    歯磨きは無理をせず、最初のうちは歯を触らせてくれたらほめておやつをあげるところからスタートしてください。
    柴犬に限らず、犬は歯周病になりやすい動物です。歯周病菌が原因で、シニア期になると臓器に悪影響がおよぶこともあるので要注意。歯ブラシを使ってのケアができる柴犬になるよう、楽しみながら練習を。
    ブラッシングも柴犬には必須のケア。春と秋に訪れる換毛期で、かなり大量の抜け毛が発生します。それをブラシで取り除いてあげないと、体が蒸れて皮膚病にかかるリスクが高くなってしまいます。換毛期には毎日、ピンブラシかスリッカーブラシでブラッシングを行ってあげてくださいね。換毛期以外でも、週に数回はブラッシングをして、健やかな皮膚と被毛を保つように心がけましょう。

    柴犬がかかりやすい病気を知っておこう

    Trybex/shutterstock

    柴犬はタフなイメージがありますが、現在はかかりやすい病気がいくつかあることも知られてきました。

    ひとつは、皮膚病です。アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎などを発症する柴犬が少なくありません。いずれも、1歳未満の頃から発症の可能性があります。鼻の先、足先などを痒がって掻いたりなめたりしているのを見つけたら、早期に獣医師に相談を。皮膚病は掻くことで皮膚が傷つくと、傷口から細菌などが侵入して2次感染を起こしやすくなるのが怖いところ。早期に治療を開始して、2次感染を防ぐのが大切です。
    アレルギー性の皮膚炎の場合も、早めにアレルゲンを特定して、除去食を開始して治療をしなければ、愛犬が痒い思いでストレスを抱くことになってしまいます。

    膝蓋骨脱臼(パテラ)にかかる柴犬も少なくはありません。膝蓋骨脱臼は、簡単に言えば膝のお皿がはずれてしまう病気。片脚を少し上げながら跳ねるように歩いたり、膝蓋骨が脱臼した瞬間に「キャン」などと悲鳴をあげて痛がったりするのが症状の一例。1から4までのグレードに分類されますが、1や2のグレードでは、柴犬自身が膝を動かしてお皿を元の位置に戻し、その後はケロッとしている可能性もあります。けれども放置しておくと、筋肉や骨の発育に悪影響をおよぼし、悪化して痛みが継続する危険性があります。
    生後半年以降、ワクチン接種や寄生虫の予防薬を処方してもらうために動物病院を訪れる際、触診やレントゲンなどで膝の状態をこまめにチェックしてもらい早期発見に努めましょう。
    先天的な要因のほかに後天的な環境要因での発症も懸念されるため、フローリングなどの滑る床での生活は厳禁。しっかり四肢が踏ん張れる環境を、愛犬のために整えてあげてくださいね。

    老齢になると、ほかの犬種に比べて認知症にかかる割合が高いとも言われています。
    予防するには、抱っこでもいいので毎日散歩に連れて行き、脳トレをすることがひとつ。
    また、午前中はなるべく日光にあてて、睡眠にかかわるホルモンのバランスを整えるのがシニア柴にとってはマストになります。

    狩猟犬であった生粋の日本犬と暮らすにはそれなりのコツが必要にはなりますが、柴犬ならではの魅力を味わいながら、病気などにも注意して楽しい柴犬との生活を!

    プロフィール

    PNS編集部

    PNS編集部

    ペットライフに新しい発見を。
    ペットニュースストレージ編集部です。

    ペット&ファミリー損害保険株式会社が運営しています。

    げんきナンバーわん

    太陽生命、大同生命をはじめとした
    生命保険グループがつくったペット保険です。

    げんきナンバーわんスリムの特長

    • ・スリムな保険料、月々1,360円から!
    • ・10歳以上の保険料は変動なし!
    • ・保険金の日額制限・回数制限なし!
    • 手術・入院、通院まで幅広く補償!
    PF-D-140 190827