ペット保険のペット&ファミリー損保【公式】 T&D保険グループ

補償対象


通院

入院

手術

膝蓋骨脱臼
(パテラ)
歯科治療※1
尿路結石症
椎間板
ヘルニア
ガン

など、病気やケガもカバー!※2

  1. 乳歯遺残(不正咬合を含みます)、歯列矯正などケガ・病気にあたらないもの、治療に該当しないものは保険金のお支払い対象外となります。
  2. ご加入後に発症した傷病であり、その治療として実施した場合は保険金のお支払い対象となります。保険金のお支払い対象とならない治療費がありますので、詳しくは、「重要事項説明書」等をご覧ください。

1日あたりの限度額、支払い回数


1日あたりの限度額・支払い回数

1日あたりの限度額や支払い回数に制限がないので、
高額支払が必要となる手術や、長期間での通院治療に対応。

  1. 保険期間中に受けた病気・ケガの治療に対し、保険金の年間限度額はプラン70の場合は70万円まで、プラン50の場合は50万円までとなります。
  2. 保険金のお支払い対象とならない治療費がありますので、詳しくは「補償内容/支払い事例ページ」「重要事項説明書」等をご覧ください。

選べる2つのプラン

プラン70 補償割合70% 保険金お支払い限度額70万円|プラン50 補償割合50% 保険金お支払い限度額50万円

保険期間

1年間

1年毎の自動継続により終身でご加入できます。

待機期間

待機期間とは、保険開始日から一定期間中、保険の対象とならない期間のことです。

初年度契約に限り、保険の対象とならない以下の待機期間があります。

保険期間の開始日から

30日以内
に発症した病気
(ガンを除く)
90日以内
に発症したガン
  • 保険期間の開始日前において既に生じていたケガ・病気は、保険金支払の対象となりません。

新規加入条件

ご加入できるペット

犬|猫
  • 日本国内のご家庭で飼育しており原則として健康な生後45日〜満7歳
  • 年齢は保険期間の開始日時点の満年齢となります。

ご加入できないペット

  • ペットショップ・ブリーダー等が売買目的で飼育する犬猫※1
  • 闘犬または競争犬等の興行目的で飼育される犬猫
  • 警察犬・麻薬犬・救助犬または狩猟犬等の職業犬※2
  • ブリーダー等が繁殖を目的として飼育する犬猫※3
  • 過去に、指定の病気※4と診断されたり、治療を受けたことのある犬猫
  1. 売買後の犬または猫は、ご加入できます。
  2. 盲導犬・聴導犬・介助犬等の身体障害者補助犬は、ご加入できます。
  3. 現在は愛玩動物または伴侶動物として飼育する犬または猫を含みます。
  4. 悪性腫瘍(ガン)、腎不全、糖尿病、肝不全・肝硬変、副腎皮質機能低下症・亢進症、甲状腺機能低下症・亢進症、免疫介在性溶血性貧血、巨大食道症(食道拡張症)、膵外分泌不全、猫伝染性腹膜炎、猫白血病ウイルス感染症、猫免疫不全ウイルス感染症、特発性てんかん、水頭症

お支払い対象の範囲

保険金をお支払いする
治療費

臨床獣医学上、一般的に認められている診断または治療処置方法で要した治療費で、具体的には下記のものをいいます。

  • 診察料
    (再診料含む)
  • 時間外診料
  • 検査料
  • 処置料
  • 手術料
  • 入院料
  • 薬剤料
  • 材料
    (包帯・ギプス等)
  • 医療器具
    使用料
  • 保険金請求に必要な
    診断書等の作成料 等

保険金をお支払いできない
主な治療費

契約者・被保険者等の行為によるもの

  • 契約者・被保険者等の故意・重大な過失、自殺行為、犯罪行為、闘争行為によって生じたケガ・病気
  • 契約者・被保険者等の精神障害、泥酔状態、心神喪失、薬物依存等によって生じたケガ・病気
  • 契約者・被保険者・獣医師等の不正行為による保険金請求
  • 動物愛護及び管理に関する法律等に反する不適切な飼育・管理のために生じたケガ・病気

自然災害等によるもの

  • 地震・噴火・津波・風水害等の自然災害によって生じたケガ・病気
  • 戦争・外国の武力行使・革命・政権奪取・内乱・武装反乱・核燃料物資等によって生じたケガ・病気

既往症等

  • 初年度契約の保険期間の初日において既に生じていたケガ・病気(既往症)
  • 待機期間中に生じた病気

予防可能な感染症

  • 以下の感染症。ただし、その疾病の発症日がその予防措置(予防接種・予防薬の投薬など)の有効期間内であった場合および獣医師の判断により予防措置を講じることができなかったと認められる場合を除きます。
    犬パルボウイルス感染症、犬ジステンパーウイルス感染症、犬パラインフルエンザ感染症、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス2型感染症、狂犬病、犬コロナウイルス感染症、犬レプトスピラ感染症、フィラリア感染症、猫汎白血球減少症、猫カリシウイルス感染症、猫ウイルス性鼻気管炎および猫白血病ウイルス感染症

この保険制度上、ケガ・病気にあたらないもの

  • 臍ヘルニア・そけいヘルニア・停留睾丸・乳歯遺残(不正咬合を含みます)
    ※病化し、その治療である場合は保険金のお支払い対象となります。
  • 交配・妊娠・出産(死産を含みます)・帝王切開・早産・流産・人工流産またはこれらによって生じたケガ・病気
  • 治療を伴わない介護やリハビリテーション費用

予防医療 等

  • 健康診断、症状を伴わず実施の検査
  • 疾病予防のための検査・投薬
  • 予防接種(ワクチン接種)
  • 健康体に行われた処置(肛門腺しぼり、爪切り、耳そうじ、まつげ抜き等)
  • マイクロチップの挿入

この保険制度上、治療に該当しないもの

  • 断尾・断耳
  • 声帯除去
  • 美容整形手術(歯列矯正を含みます)
  • 爪切除(狼爪切除を含みます)
  • 避妊手術・去勢手術
  • 歯石除去
    ※歯周病治療と合わせて行う歯石除去は保険金支払の対象に含みます。
  • 安楽死

この保険制度上、治療目的であっても対象外のもの

  • 健康補助食品・サプリメント(獣医師が治療目的で処方したものを含む)、処方食、医薬部外品
  • 漢方、温熱・温泉療法、酸素療法、オゾン療法、寒冷療法、中国医学(鍼灸を含みます)、インド医学、ハーブ療法、減感作療法、ホメオパシー、ホモトキシコロジー、アロマセラピー、免疫療法等の代替医療
  • 自宅で使用するシャンプー・イヤークリーナー・スキンコンディショナー等(医薬品を含みます)
    ※獣医師が通常の治療の一環として、動物病院で行った薬浴は保険金のお支払い対象となります。
  • ノミ・ダニ等の外部寄生虫の除去・駆除費用
    ※毛包虫(アカラス・ニキビダニ)、皮膚疥癬の駆除費用についてはお支払いする場合があります。

治療付帯費用

  • カウンセリング料、相談料、指導料、紹介料
  • ペットホテル料、ペット預り料、ペットの移送費
  • 各種証明書類の作成費用・送料
    ※保険金請求に必要な診断書等の作成費用は保険金のお支払い対象となります。
  • 医薬品の送料
  • 葬儀費または埋葬費等ペットの死後に要した費用

保険金を条件付きでお支払いできる
治療費

  • 以下については、病院の診断内容と一般獣医学情報等により総合的に保険金支払可否を判断いたします。

外部寄生虫の駆除費用

毛包虫(アカラス・ニキビダニ)、皮膚疥癬 (ミミヒゼンダニ・耳ダニを除く)の駆除の場合


乳歯遺残の抜歯費用

乳歯遺残が直接的な原因となった傷病があり、その治療として実施した場合


停留睾丸の摘出費用

腫瘍化(もしくはそれを疑う所見)があり、その治療として実施した場合


臍ヘルニア・そけいヘルニアの治療費

病化(腹膜炎や壊死等)しており、その治療として実施した場合

支払い事例

CASE 01

血便と嘔吐があったので、動物病院に行ったところ、急性すい炎と診断され、8日間の入院をしました。


CASE 02

突然うずくまって動かなくなってしまったので、動物病院に行ったところ、触診とX線検査で椎間板ヘルニアと診断されました。手術を受け、4日間の入院と2日間の通院をしました。


CASE 03

深夜に突然嘔吐を繰り返したので、動物病院に行ったところ、病理組織検査でガンと診断されました。ガンの手術を受け、10日間の入院をしました。


1日あたりの支払い限度額、支払い回数に制限がありません!