セント・バーナードってどんな犬?性格や特徴、飼い方などをご紹介!
2022.01.28 作成

セント・バーナードってどんな犬?性格や特徴、飼い方などをご紹介!

PNS編集部

PNS編集部

大きくて優しいイメージのセント・バーナード。人間の良きパートナーとしてアニメにも登場し、人気を博してきました。そんなセント・バーナードはどんな犬なのでしょうか。飼い方や特徴、しつけ、病気など、飼ってみたいときに役立つ飼育に関する知識を幅広くご紹介します。セント・バーナードが好きなら必見です。

もくじ

    セント・バーナードってどんな犬?

    セント・バーナードってどんな犬?性格や特徴、飼い方などをご紹介!
    (Rita_Kochmarjova/shutterstock)

    大きくたくましい体格と、穏やかで家族思いの性格を持つセント・バーナード。アニメなどにも登場し人気を博している犬種ですが、どんな特徴があるのでしょうか。体の特徴や性格をご紹介します。

    セント・バーナードの特徴・毛色・大きさ

    特徴・大きさ

    セント・バーナードは、特大犬(超大型犬)の部類に属する犬種です。体高はオスで75~90cm、メスは65~80cm程度。骨太で脚が太くがっしりしていて、中には100kg超えの犬もいるほど、とても大きいのが特徴です。

    顔立ちは三角形の大きな耳と垂れ下がった下まぶた、同じくたるんだ口元が優し気な表情がセント・バーナードの特徴です。

    ※体高…四つ足をついて立ったときの、地面から背中までの高さ

    毛色

    毛色は、ホワイトベースに赤みの強いブラウンや、ホワイト・ブラック・ブラウンが混ざり合うブリンドル模様が入ります。また、毛の長さは、スムースタイプとロングコートの2種類あり、共にダブルコートという分厚い被毛になっています。

    セント・バーナードの性格

    おっとりして温和な性格のセント・バーナード。昔から「大きな甘えん坊」とも言われています。従順で賢く、家族のいうことをよく聞きます。我慢強い性格は、山岳救助犬として働いた歴史から培われてきたものでしょう。人を思いやる気持ちや、責任感が強いところも、家庭犬として大変向いています。

    セント・バーナードの歴史

    スイス原産のセント・バーナードは、軍用犬が起原といわれています。大きくて荷物が運べることや寒さに強いこと、責任感が強く優れた嗅覚を活かせることから、雪山での山岳救助犬として、17世紀ごろからスイスのアルプスの山々で人命救助の仕事をしてきました。

    その後19世紀に入り、国際畜犬会議でスイスの正式な犬種として認可されます。

    「レスキューバレル」と呼ばれる樽を首につけているイメージは山岳救助のためといわれていますが、一方で創作であるという説もあります。映画やアニメで首に樽がついている姿で描かれるのもそこからでしょう。

    似ている犬としてニューファンドランドがありますが、これはセント・バーナードがイギリスで交配され、ルーツの一部として共通しているからです。

    セント・バーナードの飼い方のポイント

    セント・バーナードの飼い方のポイント
    (EmmepiPhoto/shutterstock)

    心優しく家庭犬として抜群のセント・バーナード。では実際の飼育ではどんなところに注意すればよいのでしょうか。飼育のポイントを紹介します。

    セント・バーナードのしつけ方

    セント・バーナードは頭がよく従順であるため、しつけやすい犬種といわれています。しかし、特大犬(超大型犬)であり、とても力が強いため、飼い主さんが制御できるよう小さい頃から根気よくしつける必要があります。

    性格的には穏やかで、反応が遅いところがあります。さっさと動くような性格ではないですが、ご褒美としておやつを使うとやる気になるので、適量を使ってしつけに活かすと良いでしょう。

    ただし太りやすい体質でもあるため、カロリーが低めのものを選び、与えすぎないことが大切です。

    セント・バーナードの散歩の仕方と運動量

    特大犬(超大型犬)は運動量も多く、散歩の時間も長時間必要になります。1日2回、1回60分以上が最低ラインとなり、散歩の距離としては2~4kmが毎日必要です。

    時々はドッグランなどで思い切り走らせてあげましょう。その際、事故などを避けるためにもしつけが必須となります。特に最低限「リードウォーク」ができるようにしておきましょう。

    とにかく頑丈な環境作りを

    性格は穏やかですが、元々の力が強い犬種です。じゃれついただけで物を壊すこともしばしば。室内のサークルや柵はとにかく頑丈に作りましょう。脱走に注意し、スペースも頑丈さも必要であると心得ましょう。

    お手入れは毎日

    比較的毛は短いタイプの犬種ですが、抜け毛対策は毎日のブラッシングでしっかりとおこないましょう。特にアンダーコートを減らすことで通気性が良くなり、犬自身も放熱でき体温調整に役立ちます。また、三角形の大きな耳は蒸れやすいです。お手入れは必須と考え、定期的にトリミングサロンや動物病院でも耳掃除をしてもらいましょう。

    口の周りの皮膚がたるみ、よだれも多め。食事以外でも垂れてしまうことがありますから、胸の毛を清潔に保つようにお手入れしましょう。

    セント・バーナードの平均寿命

    セント・バーナードの平均寿命
    (Rita_Kochmarjova/shutterstock)

    セント・バーナードの平均寿命は8~10歳といわれています。大型犬の平均寿命は11~12歳なので、セント・バーナードは短い傾向があります。

    セント・バーナードの注意しておきたい病気

    セント・バーナードの注意しておきたい病気
    (Rita_Kochmarjova/shutterstock)

    ペットとして迎え入れるなら、セント・バーナードのかかりやすい病気などはチェックしておきたいところ。セント・バーナードの注意しておきたい病気について紹介します。

    股関節形成不全

    股関節の関節部分が変形し、上手く噛み合わなくなることで様々な症状が起こる病気です。関節に炎症が起きて痛みが生じ、歩き方がおかしい、腰やおしりの変な動き、痛みのために動きたくないような様子が見られることが多くあります。

    特に大型犬の遺伝によるものが多いと言われています。しかし滑りやすい床や栄養の偏りなど、後発的な要因も大いにあり得ます。

    拡張型心筋症

    大型犬に多くみられる病気で、血液を押し出すために厚い筋肉で覆われている心臓の表皮がだんだんと薄くなり、収縮力がなくなることで血液の循環が上手くいかなくなる病気です。食欲が低下したり元気がなくなったりする他、咳が出たり呼吸困難を起こすことも。早期発見が大切です。

    胃拡張・胃捻転

    胃腸が拡張し、ねじれることで胃への血流などが遮断されることでショック症状を起こします。特に大型犬に多く、胸の深い骨格の犬に起こりやすい病気です。食後すぐに激しい運動をすることで引き起こされることが多く、大型犬の陽気な性格の犬は特に、すぐに遊ばせないことが大切です。

    前十字靭帯断裂

    太ももとすねの筋肉を結びつけている前十字靭帯が切れてしまう症状です。急なジャンプやターン、高いところから飛び降りるなど、急な動きによる関節への負担から引き起こされます。後ろ足をかばうように歩いたり、足を上げたまま歩いたりする症状が見られます。

    骨自体ではなく関節や靭帯の異常の可能性もありますので、悪化する前に検査をし、外科的な処置と栄養の管理を同時におこなって治すことになるでしょう。

    白内障

    目が白く濁るようになり、視力が低下することで物にぶつかって歩くようになります。このような見た目と行動で気付くことが多く、暗い所や階段を嫌がるような振る舞いにまで発展することもしばしばあります。

    若年性は2歳程度から発症し、老年性は6歳以上で発症することがほとんどだといわれます。とにかく早期発見が大事だとされる病気で、治療内容も進行具合で変化します。

    セント・バーナードを家族に迎える方法と費用

    セント・バーナードを家族に迎える方法と費用
    (Sebw/shutterstock)

    セント・バーナードの子犬の価格は、35~50万円程度(2022年1月時点)です。セント・バーナードを迎える方法、費用について具体的にご紹介していきます。

    ブリーダーからの紹介

    日本のペットショップで、セント・バーナードを見かけることは少ないです。国内のブリーダーもそう多くはありませんが、セント・バーナードを迎えたいと思ったらブリーダーからの紹介が主な方法となるでしょう。

    ブリーダーは、全国各地に存在する犬の繁殖を専門とする人のこと。犬種の知識、飼育経験が豊富なブリーダーから犬を譲り受けることができるため、事前に飼い方、注意点を教わることができます。犬の飼い方がわからないペット初心者でも安心して迎え入れることができるでしょう。

    また、実際に親犬の様子を事前に確認することができるため、成犬時のサイズ感などを予測する助けになります。飼育環境などの質問にもきちんと答えてくれる、信頼できるブリーダーを見つけましょう。

    里親になる

    里親制度は、保護団体、保健所など引き取り手のいない犬、飼い主さんがいない犬を迎え入れて里親になる制度です。ペットショップ、ブリーダーと比べると費用が掛からないメリットがあります。

    ただし、里親募集によっては譲渡、引取後も必要に応じて飼育状況の確認しなければならないケースもあります。また、セント・バーナードは数が少ない犬種なので、出会うには運やタイミングが必要です。

    家族に迎え入れるまでに準備したいもの

    犬を迎え入れるまでに、準備しておきたいものは、以下の通りです。約4~5万円ほどをみておくとよいでしょう。

    【寝床の準備】
    ・ペットサークル
    ・クレート(ペット用キャリー)
    ・ベッド

    【日用品の準備】
    ・ドッグフード
    ・フードボウル
    ・水飲みボウル

    【トイレ用品の準備】
    ・トイレトレー
    ・トイレシーツ

    【ケア用品】
    ・ブラシ
    ・爪切り
    ・ペット用シャンプー
    ・歯磨きグッズ

    【その他】
    ・首輪
    ・リード

    事前に飼育環境を整えておく必要もあります。危険なもの、噛まれては困るものは片づけるなどしておきましょう。

    夏場はクーラーなど空調設備のできるものも備えておくと安全です。余裕があれば、犬が遊べるおもちゃなども買っておきましょう。

    【関連リンク】
    犬を迎える前に準備しておきたいもの
    犬を迎える前に整えておきたい室内のポイント
    犬をペットとして迎える時の心構え

     その他の初期費用

    役所への登録料やワクチン接種・健康診断の費用として2万~3万円ほどがかかります。 

    1ヶ月にかかる飼育費用は?

    1ヶ月にかかる飼育費用は?
    (Alessandra Sawick/shutterstock)

    特大犬(超大型犬)の平均的な飼育費用は、1カ月あたり3万~4万5,000円になります。

    食費

    フードやおやつといった食費。価格はピンキリですが、平均すると1カ月で1万1,000~1万5,000円ほどかかります。

    日用品代

    トイレシーツなどの日用品が1カ月で5,000~1万2,000円前後。

    シャンプー・トリミング代

    シャンプーなどのお手入れをトリミングサロンにお願いする場合は、特大犬(超大型犬)の場合1回1万円以上かかるでしょう。

    医療費

    フィラリアやノミ・ダニの予防薬なども含め、健康であっても医療費として年間で4~6万円ほど必要でしょう。1カ月にすると4,000円程度です。

    知っておきたい、ペットの医療事情

    初めて犬を飼う方の盲点となるのが、ペットの医療事情です。ペットには公的な健康保険がなく、治療費は全額自己負担となります。自由診療のため病院によって料金が異なる点が、人とは違います。

    子犬がかかりやすい病気・ケガ

    子犬は、骨折や異物誤飲が多いです。

    • 骨折の平均的な治療費:7万~15万円
    • 異物誤飲の平均的な治療費:1万5,000~3万円 ほど

    ただし、どちらも場合によっては20万円を越えるケースもあるため、住環境を整えるなど事前の予防が大切です。

    お迎えしたばかりの頃は環境変化によるストレスで軟便や風邪にもなりやすいので体調の変化にも気を付けてあげましょう。

    ペット保険

    ペットの年齢によって保険料は変わりますが、特大犬(超大型犬)の1ヶ月の保険料は2,300~5,400円*ほど。0~3歳の間に加入するケースが多いです。

    ペット保険は、健康でないと加入できず、加入可能年齢が「満7歳まで」のように制限のある場合がほとんど。人と同じように犬も年齢が上がれば病気のリスクも上がるため、早めに加入したいものです。

    【ペット保険選びのポイント】

    ペット保険はたくさんの種類があり、どれも同じように見えるかもしれませんが、各保険商品によって補償内容は大きく異なります。

    保険料だけではなく、以下の補償内容をよく理解し、最もご自身に適した保険を選ぶようにしましょう。

    • その犬種が発症しやすい慢性疾患が補償されるか
    • 金銭的に負担の大きい高額な手術・入院に対応できているか
    • 1日あたりの支払い金額や年間の通院日数に上限がないか など
    保険最強ランキング2年連続1位のペット保険_特大犬

    *参照:慢性疾患にも、高額治療にも対応したペット保険!ペット&ファミリー損害保険「げんきナンバーわんスリム プラン50」
    *犬の加入タイプ(小型犬・中型犬・大型犬・特大犬)は、ご加入時・ご継続時の体重で 決まります。ただし、1歳未満の幼犬の場合1歳時のおおよその体重で加入タイプが決まります。

    愛犬と楽しく暮らそう 

    家族になる前からたくさんのことを学ぶことで、快適な暮らしをスタートすることができます。お迎えする犬の特徴や費用などをよく知ってよきパートナーとして信頼関係を築いていってくださいね。

     

    著者・監修者

    PNS編集部

    ペットライフに新しい発見を。
    ペットニュースストレージ編集部です。

    PNS編集部

    ページトップに戻る