パピヨンの下痢は何が原因?対処法や病院にかかる基準を解説
2023.06.05 作成

パピヨンの下痢は何が原因?対処法や病院にかかる基準を解説

PNS編集部

PNS編集部

体が小さなパピヨンが下痢をすると、飼い主さんとして心配になってしまいますよね。排泄物は健康のバロメーターともいわれており、下痢をしているときには何らかの不調が潜んでいるかもしれません。様子を見ようと長期間放置していると、取り返しがつかない事態になる可能性も。そこでパピヨンが下痢をしてしまう原因や、病院を受診するべき目安、予防法について詳しく解説します。

もくじ

    愛犬が下痢をする原因

    パピヨンの下痢は何が原因?対処法や病院にかかる基準を解説
    (Malivan_Iuliia /shutterstock)

    愛犬が下痢をするにはさまざまな理由があります。主なものについて解説しましょう。

    病気によるもの

    コロナウイルス、パルボウイルスといったウイルス、コクシジウムのような寄生虫、食物アレルギーなど、病気が原因で下痢をすることがあります。

    また、免疫異常による炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうしっかん)や、消化吸収に異常をきたす膵外分泌不全(すいがいぶんぴつふぜん)、リンパ腫などの腫瘍といった疾患が隠れている可能性も。

    愛犬の健康のために、「下痢くらいすぐおさまる」と安易に考えず、適切な対応を心がけましょう。

    異物誤飲や盗み食い

    小さなおもちゃやビニール、電池や植物などを誤飲することも下痢の原因となります。長く愛用しているおもちゃの部品が取れて誤飲につながることもあるため注意しましょう。

    また、飼い主さんの目を盗んで玉ねぎやチョコレートのように犬に害のある食べ物を食べてしまった場合も、下痢をすることがあります。

    誤飲・盗み食いしたものによっては命にかかわることもあるため注意しましょう。

    食事によるもの

    市販されているドッグフードは、一般的に犬が食べても大丈夫なもので作られています。しかし、年齢や体質、食の好みといった要因により、愛犬にあうフードとそうでないものもあります。

    愛犬の下痢が始まる前にフードを変えている場合は、それが原因となっている可能性も。以前のフードに戻してみて下痢がおさまるかどうか確認してみましょう。

    ストレスによるもの

    来客やトリミングなど嫌いなことや苦手なことに直面し、愛犬がストレスを感じることで下痢につながることもあります。

    検査などで下痢の原因を探ったものの異常がない場合、ストレスが下痢の原因となっているかもしれません。

    寒さによるもの

    体が冷えると免疫力が下がり、体調不良を引き起こしたり病気にかかったりすることがあります。寒さによる腸の冷えが下痢の直接的な原因になっていることもあれば、免疫力低下による病気が原因となっていることも。

    飼い主さんが判断することは難しいため、心配な場合は動物病院を受診しましょう。

    偏食で少食傾向のあるパピヨンは、フードの切り替えに注意。しっかりした冷え対策も。

    偏食で少食傾向のあるパピヨンは、フードの切り替えに注意。しっかりした冷え対策も。
    (yykkaa /shutterstock)

    パピヨンは遺伝性疾患が少なく、あまり病気をしない犬種だといわれています。そのため長生きしやすく、平均寿命は約13~15歳。性格も明るく好奇心旺盛で賢いため、飼い主さんのよきパートナーとなってくれるでしょう。

    その一方で、個体差はありますがパピヨンには偏食や小食の傾向があり、フード選びに苦労することも少なくありません。食べないからと焦る気持ちはわかりますが、フードを変えるときには慎重に、様子を見ながら与えるように注意しましょう。

    また、体の小さなパピヨンに冷えは大敵です。体温が下がってしまえば下痢だけでなく、ほかの病気を引き起こす可能性も。寒い季節はベッドに毛布を用意したり、服を着せたりして、防寒を心がけましょう。

    お散歩などで濡れた場合にはできるだけ早く拭いて、体を冷やさないように気をつけたいものです。

    【関連記事】
    パピヨンの性格や特徴は?飼い方や費用について解説

    パピヨンの危険な下痢の症状とは?受診するか判断するポイント

    パピヨンの危険な下痢の症状とは?受診するか判断するポイント
    (Sergey Lavrentev/shutterstock)

    愛犬の下痢が心配な場合は、動物病院で診てもらうのが一番ではありますが、場合によってはすぐに受診するのが難しいこともあるでしょう。

    その場合は、下痢の様子で判断してみてください。

    【今すぐ受診が必要な下痢】

    • 水のような便(水様便)
    • 赤や黒い便(血便、黒色便)、ゼリー状の便
    • 元気がない
    • 食欲がない
    • 下痢を繰り返す
    • 嘔吐がある

    【様子を見ていて大丈夫な下痢】

    • フードを変えた、ストレスがあったなど原因が明確
    • 元気で食欲もある

    ただし、様子を見ていても大丈夫な下痢でも、2~3日続いたりするようなら動物病院を受診しましょう。

    子犬や老犬は早めに受診を

    子犬の場合、「元気があるし大丈夫」と思っていても急速に病状が悪化することがあります。老犬の場合も、体力や抵抗力が落ちていて大事に至ってしまう可能性があるため、できるだけ早めに動物病院を受診しましょう。

    早めに適切な処置をしてもらえれば、愛犬を危険に晒さずに済みます。

    下痢の症状で動物病院を受診する時のポイントや症状、治療方法について詳しくはこちらをご覧ください。

    【関連記事】
    【獣医師監修】犬はどんな時に下痢になるの?予防と原因や対処法、病院に行くべき症状を解説

    パピヨンの下痢(軟便)を予防するポイント

    パピヨンの下痢(軟便)を予防するポイント
    (Malivan_Iuliia /shutterstock)

    小粒で消化の良いフードを選ぶ

    フードを選ぶ際は、パピヨンの小さな口や細い食道に負担をかけないよう小粒のドックフードを選びましょう。

    過剰な添加物は肝臓や腎臓、胃腸に負担をかけ、下痢の原因になってしまいます。心配し過ぎる必要はありませんが、フードを購入する際は成分表を確認し、必要以上に人工加物が使用されていないか確認しましょう。

    防寒対策をする

    体が冷えると胃腸の働きが落ち、下痢の原因になってしまいます。寒い冬は防寒を心がけ、衣服や毛布などで暖かく過ごせるように工夫しましょう。

    散歩に出かける際は気温の低い早朝や深夜を避け、できるだけ暖かい日中に出かけることをおすすめします。

    また、暑い夏にも注意が必要です。室内ではエアコンや扇風機の風が直接当たらないように気をつけ、寒そうにしているようなら温度設定を見直しましょう。「暑そうだから」と、冷たい水を与えすぎるのもあまり良くありません。

    聡明なパピヨンのしつけは、おやつの使い方に注意

    明るく飼い主さんと遊ぶことが大好きなパピヨンは、しつけにも積極的です。飼い主さんと一緒に楽しみながら、さまざまなことを身につけてくれるでしょう。

    しかし、その賢さゆえに悪いこともよく覚えます。無駄吠えやいたずらなどで困ったとき、おやつを与えて誤魔化すと「困らせたらおやつがもらえる」と学習してしまいます。

    おやつを食べすぎると、胃腸に負担がかかり下痢の原因になることも。与えすぎにはくれぐれも注意し、おやつよりも褒めるしつけを心がけましょう。

    愛犬の下痢について、詳しくはこちらをご覧ください。

    【獣医師監修】犬はどんな時に下痢になるの?予防と原因や対処法、病院に行くべき症状を解説

    パピヨンが下痢(軟便)になったら…治療費はいくらかかる?

    パピヨンが下痢(軟便)になったら…治療費はいくらかかる?
    (Michael Ebardt /shutterstock)

    パピヨンが下痢で動物病院を受診したという事例をご紹介します。

    タンパク漏出性腸症(6歳・男の子)

    タンパク漏出性腸症の治療のため、2日間入院し、各種検査、画像診断、投薬、注射、麻酔などを行いました。

    【治療期間】

    入院2日間

    【治療総額】

    治療総額 33万9,119円

    当社のペット保険、「げんきナンバーわんスリム プラン70」に加入していた場合、自己負担額例は以下の通りです。

    お支払い保険金23万0,383円
    自己負担額10万8,736円
    ※免責金額(5,000円×2日=10,000円)
    ※治療費全てが保険金の対象となる場合
    ※当社の保険金支払い事例に基づくデータであり、一般的な水準を提示するものではありません
    *2024年7月時点の内容です。今後の商品改定や保険料率の見直し等により、変更となる場合があります。

    下痢(14歳・男の子)

    下痢のため1日間の通院で、内服薬の処方などを行いました。

    【治療期間】

    通院1日間

    【治療総額】

    治療総額 1万5,290円

    当社のペット保険、「げんきナンバーわんスリム プラン70」に加入していた場合、自己負担額例は以下の通りです。

    お支払い保険金7,203円
    自己負担額8,087円
    ※免責金額(5,000円×1日=5,000円)
    ※治療費全てが保険金の対象となる場合
    ※当社の保険金支払い事例に基づくデータであり、一般的な水準を提示するものではありません
    *2024年7月時点の内容です。今後の商品改定や保険料率の見直し等により、変更となる場合があります。

    胃腸炎(1歳・女の子)

    胃腸炎のため1日間の通院で、エコー検査、内服薬の処方を行いました。

    【治療期間】

    通院1日間

    【治療総額】

    治療総額 8,195円

    当社のペット保険、「げんきナンバーわんスリム プラン70」に加入していた場合、自己負担額例は以下の通りです。

    お支払い保険金2,237円
    自己負担額5,958円
    ※免責金額(5,000円×1日=5,000円)
    ※治療費全てが保険金の対象となる場合
    ※当社の保険金支払い事例に基づくデータであり、一般的な水準を提示するものではありません
    *2024年7月時点の内容です。今後の商品改定や保険料率の見直し等により、変更となる場合があります。

    パピヨンの治療費が心配なら、ペット保険に入っておくと安心

    パピヨンの治療費が心配なら、ペット保険に入っておくと安心
    (BIGANDT.COM /shutterstock)

    一口に下痢といっても原因はさまざま。ペットには公的な健康保険がなく治療費は、全額自己負担となります。

    愛犬がいつ大きな病気になってしまうかは、人と同じで予測することはできませんが、万が一の時に飼い主さんの負担を軽くすることができるのがペット保険です。

    ペット保険は健康でないと加入できず、加入可能な年齢が「満7歳まで」のように制限のある場合がほとんどです。愛犬が健康なうちに高額な治療費に対応できるペット保険に加入しておきたいものです。

    ペット保険の選び方のポイント

    ペット保険にはたくさんの種類があり、保険商品によって補償内容は大きく異なります。「どれも同じようだから、保険料が安いものにしよう」と判断せず、補償内容をよく理解した上で選ぶようにしましょう。

    • その犬種・猫種が発症しやすい病気やケガが補償されるか
    • 金銭的に負担の大きい高額な治療費に対応できているか
    • 1日あたりの支払い金額や年間の通院日数の上限が十分か
    • 終身で更新が可能か
    • 更新時に条件変更がないか など

    親身に対応してもらえるかなどもチェックしておくと安心です。

    著者・監修者

    PNS編集部

    ペットライフに新しい発見を。
    ペットニュースストレージ編集部です。

    PNS編集部

    ページトップに戻る