チワワを熱中症から守るには?危険な症状や予防法、治療費について解説
2022.09.15 作成

チワワを熱中症から守るには?危険な症状や予防法、治療費について解説

PNS編集部

PNS編集部

高温多湿の日本の夏は、犬にとって過酷な季節。特に、体の小さなチワワには、熱中症が命に関わる大事件にもなりかねません。発見が遅れ重症化すると、治療費が10万円以上になる場合も。最悪の場合は命を落としてしまうこともあります。愛犬を守るためにも、熱中症の症状、予防と対策、適切な対処法や治療費などについて詳しく知っておきましょう。

もくじ

    チワワは暑さに弱い!熱中症になりやすい犬の特徴

    チワワを熱中症から守るには?危険な症状や予防法、治療費について解説
    (titiya chuaichat/shutterstock)

    全身で汗をかくことができない犬は、口を開けてハァハァと呼吸すること(パンディング)で体温を調節しています。しかし、気温や湿度が高すぎたり、体になんらかの異常が生じたりすると、うまく体温を下げられません。

    特にマズル(鼻口部)が短い短頭種であるチワワは気道が短く、パンティングが苦手なため熱中症リスクが高めです。加えて、体が小さいチワワは地面からの熱を受けやすくなります。

    体温が高い状態が続くと、脱水、脳や臓器の異常などが起こり、悪化すると命に危険が及ぶこともあります。気温が上がり出す季節になったら、熱中症対策を念入りに行い、熱中症から命を守れるように気をつけましょう。

    また、以下のような特徴を持った犬も熱中症になりやすくなります。

    子犬や高齢犬など体力が劣えている犬

    体の機能が未発達な子犬や体力がない高齢犬は、体温調整が上手くできず重症化のリスクが高まります。散歩などの外出時だけでなく、室内で過ごす際にも室温や脱水に注意しましょう。

    【関連記事】
    【獣医師監修】愛犬に長生きしてもらうには?ライフステージにあった環境作り

    肥満の犬

    皮下脂肪が厚い肥満の犬も注意が必要です。脂肪は熱を蓄えるとなかなか熱を逃すことができず、体への負担が増加します。暑い季節は、普段過ごす環境にも気をつけておきましょう。

    【関連記事】
    【獣医師監修】犬や猫もダイエットが必要?肥満にならないようにカロリー計算をしよう

    呼吸器の病気や心臓病を患っている犬

    呼吸器の病気や心臓病を患っている犬も、呼吸機能や循環機能がうまく働かず熱中症を起こしやすい傾向です。また、熱中症になってしまった場合には、重症化のリスクも高く危険です。疲れている時や、療養中には特に注意しましょう。

     

    犬の危険な熱中症の症状とは?

    犬の危険な熱中症の症状とは?
    (Jane_Zh/shutterstock)

    「愛犬の様子がおかしいな?」と感じたら、それは熱中症の初期症状かもしれません。慌てず落ち着いて、適切な対処をとりましょう。

    熱中症の初期症状

    熱中症の初期症状として、次のものが挙げられます。

    • 呼吸が荒い
    • 口の中や舌が赤い
    • よだれが多い
    • 落ち着きがない
    • ボーっとしたりフラフラしたりしている
    • 横になって起き上がろうとしない
    • 元気がなくぐったりしている
    • 心拍数が普段より上がっている

    これらの症状が見られたら、日陰に移動して体を冷やし、うちわなどで仰いで重症化を防ぎましょう。ちょっとした違いを見逃さないよう、普段から愛犬の様子をチェックしてあげてください。

    熱中症の危険な症状

    暑い環境にいて次の症状があらわれた場合、熱中症が進行している可能性があります。

    • 下痢や嘔吐が見られる
    • 血尿や血便、吐血が見られる
    • 痙攣や震えがある
    • 歯茎が白かったり、粘膜や舌が青紫になったりしている
    • 呼んでも反応せず、意識がない

    このような症状が見られたら、涼しい場所でワキや首元など太い血管のあつまる部分を冷やしつつ、できるだけ早く動物病院を受診しましょう。

    愛犬に熱中症の症状が見られたときの対処法や治療法について、詳しくはこちらをご覧ください。

    【関連記事】
    【獣医師監修】危険!愛犬の熱中症・病気のサイン、応急処置、治療法、予防策を知っておこう

    チワワを熱中症にさせないためのポイント

    チワワを熱中症にさせないためのポイント
    (Sukuman Rittem/shutterstock)

    熱中症予防として、次の点を心がけましょう。

    • 日中の屋外での激しい運動は避ける
    • 散歩は涼しい時間帯にする
    • 水分補給と日陰での休憩をこまめにとる
    • 暑さ対策グッズを利用する
    • エアコンを活用して部屋の温度や湿度を管理する

    暑い季節は、愛犬を暑い環境にさらさないことが大切です。

    体の小さなチワワはお散歩の時間に注意

    人にとって涼しさを感じる時間帯でも、太陽に熱されたアスファルトの上を歩くチワワにとっては、過酷な時間帯な場合があります。散歩の前には、アスファルトを触って温度を確かめておくと安心です。

    また、土や草の上、日陰を選んで歩くようにすれば、熱中症だけでなく火傷の心配もありません。

    チワワはサマーカットをしてもよい?

    「暑い夏を少しでも涼しく過ごせるように」と、愛犬のサマーカットを検討している飼い主さんも多いことでしょう。基本的に、チワワには特別なトリミングの必要はありません。

    暑い季節には「涼しく過ごせるように」とサマーカットを施しても大きな問題はないでしょう。特に、熱のこもりやすいロングコートチワワは、蒸れによる皮膚トラブルを起こしにくくする効果が期待できます。

    しかし、あまり短くカットしてしまうと、クーラーの効いた室内では体を冷やしてしまうかもしれません。サマーカットをした後は室内での様子に注意し、寒そうな様子が見られたら、洋服や毛布を用意して室内で暖かく過ごせるように工夫しましょう。

    また、毛が短くなることで紫外線の影響を受けやすくなったり、ノミなどの害虫の影響を受けやすくなったりする可能性もあります。サマーカットをする際は、トリミングサロンなどで相談し、適切な長さにカットすることをおすすめします。

    【関連記事】
    【獣医師監修】犬の暑さ対策はどうする?日本の夏を快適に過ごす方法

    チワワが熱中症になったら…治療費はいくらかかる?

    熱中症は、早期発見し症状が軽い段階で適切な処置ができるかどうかで治療内容や治療費にも大きな差が出ます。ここでは、チワワを含む小型犬の熱中症の治療費の事例を紹介します。

    トイ・プードル(14歳・男の子)

    トイ・プードル(14歳・男の子)
    (Rin Seiko/shutterstock)

    8月に熱中症になり12日間入院しました。血液検査やX線、超音波検査や注射や点滴などの処置を行いました。

    【治療期間】

    入院12日間

    【治療総額】

    治療総額   27万1,382円

    当社のペット保険、「げんきナンバーわんスリム プラン70」に加入していた場合、自己負担額例は以下の通りです。

    お支払い保険金14万7,967円
    自己負担額12万3,415円
    ※免責金額(5,000円×12日=60,000円)
    ※治療費全てが保険金の対象となる場合
    ※当社の保険金支払い事例に基づくデータであり、一般的な水準を提示するものではありません
    *2024年7月時点の内容です。今後の商品改定や保険料率の見直し等により、変更となる場合があります。

    チワワ(7歳・男の子)

    チワワ(7歳・男の子)
    (Davizro Photography/shutterstock)

    7月に熱中症になり夜間救急で動物病院を受診しました。

    【治療期間】

    通院1日間

    【治療総額】

    治療総額   5万0,480円

    当社のペット保険、「げんきナンバーわんスリム プラン70」に加入していた場合、自己負担額例は以下の通りです。

    お支払い保険金3万1,836円
    自己負担額1万8,644円
    ※免責金額(5,000円×1日=5,000円)
    ※治療費全てが保険金の対象となる場合
    ※当社の保険金支払い事例に基づくデータであり、一般的な水準を提示するものではありません
    *2024年7月時点の内容です。今後の商品改定や保険料率の見直し等により、変更となる場合があります。

    チワワ(1歳・女の子)

    チワワ(1歳・女の子)
    (OLESYA BOLTENKOVA/shutterstock)

    6月に熱中症になり点滴などの治療を行いました。

    【治療期間】

    通院1日間

    【治療総額】

    治療総額      1万6,610円

    当社のペット保険、「げんきナンバーわんスリム プラン70」に加入していた場合、自己負担額例は以下の通りです。

    お支払い保険金8,127円
    自己負担額8,483円
    ※免責金額(5,000円×1日=5,000円)
    ※治療費全てが保険金の対象となる場合
    ※当社の保険金支払い事例に基づくデータであり、一般的な水準を提示するものではありません
    *2024年7月時点の内容です。今後の商品改定や保険料率の見直し等により、変更となる場合があります。

     

    チワワの治療費が心配なら、ペット保険に入っておくと安心

    チワワの治療費が心配なら、ペット保険に入っておくと安心
    (Silarock/shutterstock)

    熱中症は重症度によって治療費に大きな差が出ます。万が一高額な治療費が発生してしまった場合に飼い主さんの負担を軽くするために、高額な治療費に対応できるペット保険に加入しておくとよいでしょう。

    ペット保険の選び方のポイント

    ペット保険にはたくさんの種類があり、保険商品によって補償内容は大きく異なります。「どれも同じようだから、保険料が安いものにしよう」と判断せず、補償内容をよく理解した上で選ぶようにしましょう。

    • その犬種・猫種が発症しやすい病気やケガが補償されるか
    • 金銭的に負担の大きい高額な治療費に対応できているか
    • 1日あたりの支払い金額や年間の通院日数の上限が十分か
    • 終身で更新が可能か
    • 更新時に条件変更がないか など

    親身に対応してもらえるかなどもチェックしておくと安心です。

    まとめ

    メキシコ生まれのチワワですが、夏の暑さは大の苦手。体の小さなチワワにとって、日本の夏は過酷すぎる季節です。

    お散歩や外出、自宅での留守番が大切な愛犬にとって少しでも快適であるように、飼い主さんはしっかりと配慮してあげたいものです。

    また、少しでも様子がおかしいと感じたら、早めに動物病院を受診してくださいね。早めの手当が命を守ることにつながりますよ。

    【関連記事】
    【獣医師監修】犬の暑さ対策はどうする?日本の夏を快適に過ごす方法
    【獣医師監修】愛犬を夏バテから守ろう!夏バテの原因・症状・予防方法を解説

    著者・監修者

    PNS編集部

    ペットライフに新しい発見を。
    ペットニュースストレージ編集部です。

    PNS編集部

    ページトップに戻る