猫をお迎え(購入)する際の注意点とは?トラブルを避けるために気をつけたいこと
2023.08.10 作成

猫をお迎え(購入)する際の注意点とは?トラブルを避けるために気をつけたいこと

PNS編集部

PNS編集部

近年、ペットショップやブリーターから猫を迎える際、さまざまなトラブルが報告されています。可愛い子猫の様子を見ていると、そのまま連れて帰りたくなってしまうものですが、勢いで決めてしまうと後々重大なトラブルの原因になってしまう場合も。そこで今回は、猫を購入する際にチェックしておくべき注意点を紹介します。

もくじ

    猫を購入する前に考えておきたいポイント

    猫をお迎え(購入)する際の注意点とは?トラブルを避けるために気をつけたいこと
    (ANURAK PONGPATIMET/shutterstock)

    猫をお迎えする前に、次の点について考えておきましょう。

    猫を飼育できる環境を整えられるか

    まずは、実際に猫を飼育できる環境かどうかを確認しましょう。

    今住んでいる場所がペット可の物件であっても、ペットの種類や頭数制限があるかもしれません。賃貸物件の場合は契約書や規約を確認し、飼育に問題がないかを確認してください。

    また、猫にはお散歩の必要がないとはいえ、毎日のスキンシップやお手入れ、一緒に遊ぶ時間は必要です。日々の暮らしを振り返り、一緒に過ごす時間を十分に取れるかどうか考えましょう。

    さらに、猫との暮らしにはお金がかかります。特にケガや病気の際には、想像以上のお金が必要になることも。自分の生活費にプラスして、飼育費用をまかなえるか慎重に検討する必要があります。

    同居の家族がいる場合は、猫アレルギーの人がいないかどうかも確認し、みんなが心地よく過ごせる環境を整えましょう。

    欲しい猫種について、しっかりと検討したか

    ひとくちに「猫」といっても、体格や性格など特徴はそれぞれ違います。希望する猫種があるのなら、まずはその猫種について詳しく調べてみましょう。

    クールなイメージが強い猫ですが、人懐っこい性格の子であれば長時間ひとりぼっちにされるのはストレスになるかもしれません。猫に合わせて自分のライフスタイルを変えられないのであれば、ライフスタイルに合った特徴を持つ猫はどんな猫か、よく調べて検討することが大切です。

    また、猫種によってはかかりやすい病気がある場合も。猫種独特の疾患がないかを調べ、万が一に備えておくと安心です。

    信頼できるペットショップやブリーダーか

    ペットショップやブリーダーから猫を迎えるのであれば、飼育環境や応対をよく観察して「信頼できるかどうか」を見極めることも大切です。

    猫の生活スペースの清掃状況をみて、適切な飼育環境が保たれているかを確認しましょう。猫が清潔な空間で元気に過ごせていればまずは安心です。

    信頼できるペットショップやブリーダーであれば、お迎えしてからも何かと気にかけてもらえ、相談に乗ってくれる可能性があります。

    【関連記事】
    ペットショップの選び方は?安心できるペットショップの見分け方解説
    ブリーダーの選び方解説!ブリーダーを選ぶ際にチェックしたいポイント

    猫を飼いたい理由をもう一度考える

    猫を飼いたい理由を、もう一度考えましょう。

    猫との暮らしがスタートすれば、その暮らしは何年も続きます。人生には、引っ越しや結婚などさまざまなライフイベントがありますが、状況が変わったからといって簡単に捨てるわけにはいきません。

    また、一緒に暮らしていれば、病気や介護などの問題によってお金が必要になるかもしれません。それでも一緒に暮らしたいと感じるかどうか時間をかけて考え、しっかりと心構えをしておきましょう。

    獣医師の88%が推奨するペット保険「げんきナンバーわんスリム」ペット&ファミリー損保

    ペットショップやブリーダーで猫を購入する際の確認ポイント

    ペットショップやブリーダーで猫を購入する際の確認ポイント
    (bombermoon/shutterstock)

    ワクチン接種の状況を確認する

    ワクチンは重大な病気を予防し、健康寿命を伸ばすためにも必要です。一般的に、母猫から受け継いだ抗体が消滅する生後6週間ごろからワクチンの接種をスタートさせます。

    お迎えする際には、すでに接種したワクチンの有無・回数を確認しておきましょう。

    健康状態に問題はないか

    先天性の病気の有無や、当日までの様子も確認しておくと安心です。子猫は小さな体ながら、よく遊び、よく食べて、よく眠ります。遊ぶ様子や毛並みから、元気かどうかがわかるでしょう。

    また、目ヤニや鼻水で顔が汚れていないか、手足を痛がったり引きずったりする様子がないか、肌に異常がないかも合わせてよく確認しましょう。

    価格は適正か

    猫種や血統によって猫の生体価格は変わります。猫種の平均的な価格は、ブリーダーのホームページやペットショップをみるとわかります。

    あまりにも安すぎたり、あまりにも高すぎたりする場合は注意しましょう。

    万が一の場合の対応を確認する

    小さな子猫は体力がないため、ちょっとした病気やケガが命取りになることもあります。お迎えする前に近隣の動物病院をチェックし、かかりつけの病院を早めに探しておくと安心です。

    また、お迎えする場所が自宅から近い場合は、評判のよい動物病院を紹介してもらえるかもしれません。提携の動物病院やペット保険、万が一に備えた保証がある場合もあるので、いろいろと質問してみるとよいでしょう。

    フードの種類や回数、量も確認

    子猫期はさまざまな種類のフードに慣れやすい時期ではあるものの、急にフードを切り替えると体調不良にもつながります。お迎えしてすぐは、食べ慣れているものを与えられるように普段のフードについても聞いてみましょう。

    フードとともに1回の量や回数も確認し、初日は様子を見ながら少しずつ与えましょう。

    お迎え後(購入後)の注意点

    お迎え後(購入後)の注意点
    (Gladskikh Tatiana/shutterstock)

    猫をお迎えした後は、次の点に注意してください。

    迎え入れてから数日間はゆっくりと休ませる

    何かが起きても対処できるよう、1日ゆっくり過ごせる日の午前中にお迎えに行くとよいでしょう。自宅に到着したら、まずは子猫が環境に慣れることを優先し、できるだけゆっくりと休ませます。

    可愛らしい子猫を見ているとついつい構いたくなってしまうものですが、少し離れたところから優しく見守る程度に留めて、子猫の様子に合わせた対応を心がけましょう。

    猫の様子をよく観察する

    子猫はデリケートな生き物です。お迎えした当初はストレスから体調を崩しがちになります。

    食事や水分は十分に取れているか、下痢をしていないか、体をかゆがったり痛がったりしていないか、毎日細かく観察し、不安があれば早めに動物病院を受診するよう心がけましょう。

    症状が軽くても、体力のない子猫はあっという間に重症化することも。「おかしいな」と感じたら、早急に対応することが大切です。

    家の中の危険物に注意

    好奇心旺盛な子猫にとって、家の中には危険なものがたくさんあります。猫が過ごすスペースをよく見渡して、危険なものがあれば排除するよう心がけましょう。

    特に人の食べ物や薬、植物などは、ほんの少しの誤食・誤飲で重篤な症状が現れることがあります。

    また、お風呂や洗面台など、水回りの事故も多いです。ほんの少しの油断が、取り返しのつかない事故につながるため注意してください。

    ペットショップのスタッフやブリーダーに相談し、必要な対策があれば子猫を迎える前に済ませておくと安心です。

    忘れずにワクチン接種をする

    抗体は一度の接種ではつくられないため、お迎え前にワクチン接種をすませていても、追加接種の必要があります。

    まずは、一度動物病院を受診し、健康チェックとともにワクチン接種のスケジュールについて相談しましょう。さらに、成猫になってからも1年に1度の接種が推奨されています。

    ペット保険に加入する

    人と違い、公的な健康保険の制度がない猫の医療費は全て自己負担になります。

    元気なときには「もったいない」と感じることもあるかもしれませんが、手術や入院となると高額な費用が発生するためペット保険に加入することをおすすめします。

    いざというときに費用が支払えないことがないよう、子猫のうちに加入し備えておくと安心です。

    高額治療費の支払いに強いペット保険なら『げんきナンバーわんスリム』

    ペットの高額治療費の支払に強い「げんきナンバーわんスリム」ペット&ファミリー損保

    高額治療の支払いに強いペット保険を選ぶならペット&ファミリー損害保険株式会社のペット保険「げんきナンバーわんスリム」が1つの選択肢になります。

    「げんきナンバーわんスリム」3つの特長は以下のとおりです。商品の詳細は、WEBサイトをご覧ください。

    「高額治療・長期に渡る慢性疾患の治療」に強い

    通院で10万円の治療が発生し、1日あたりの保険金支払い限度額が1万円の保険に加入していた場合、9万円は自己負担となります。しかし、「げんきナンバーわんスリム」には、「1日あたり〇円まで」のような1日あたりの限度額がないので、通院でも最大で70万円の保険金を受け取ることができます。

    また、年間の利用回数にも上限はないので、慢性疾患で20回を超える通院が発生しても保険を利用することができます。

    一生涯続けられる価格、10歳以上の保険料は値上がりなし

    ペット保険はペットの年齢が上がるにつれて大きく値上がりするのが一般的ですが、「げんきナンバーわんスリム」はペット長寿化を見据えて、10歳以上の保険料は変動しません。ペットが高齢になってから、「保険料が高すぎて続けられない」といったトラブルがないので安心です。

    最後のときまで「終身補償」

    「げんきナンバーわんスリム」は、契約後に発症した病気・ケガに対して、更新時の条件変更(発病部位を不担保とした更新など)をつけたり、契約更新の拒否などを行っていないので、安心して終身でご加入し続けて頂くことができます。

    獣医師の88%が推奨!*
    ペット&ファミリー損保のペット保険
    「げんきナンバーわんスリム」
    *出典:2019年10月 Vet’sEye調べ
    ※保険期間中に受けた病気・ケガの治療に対し保険金の支払い限度額はプラン70は年間70万円まで。プラン50は年間50万円まで。また、1日あたり3000円の免責金額(自己負担額)があります。
    ※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
    22D024-220804

    獣医師の88%が推奨するペット保険「げんきナンバーわんスリム」ペット&ファミリー損保

    新しい家族と後悔のない暮らしをスタートしよう

    猫と暮らせば、これまでに感じることのなかったたくさんの幸せを感じることでしょう。

    その一方で思いつきで旅行に行ったり、飲み会に行ったりしにくくなります。考えずにお迎えしてしまうと「不自由」だと感じてしまうこともあるでしょう。

    どんなに可愛くても、猫はぬいぐるみではありません。お迎えの前にさまざまなシミュレーションをおこない、さまざまな角度から検討することが大切です。

    初めて猫を飼う際には、ペットショップやブリーダーともよく相談し、実際の暮らしに向けた準備を整えましょう。

    【関連記事】
    ペットショップの選び方は?安心できるペットショップの見分け方解説
    ブリーダーの選び方解説!ブリーダーを選ぶ際にチェックしたいポイント

    著者・監修者

    PNS編集部

    ペットライフに新しい発見を。
    ペットニュースストレージ編集部です。

    PNS編集部

    ページトップに戻る