柴犬の下痢が心配!原因と対処法や病院にかかる目安を解説
2023.06.07 作成

柴犬の下痢が心配!原因と対処法や病院にかかる目安を解説

PNS編集部

PNS編集部

愛する柴犬のお腹の調子が悪い時、病院に連れて行くべきかどうか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか?実は犬は下痢をしやすい動物とも言われています。しかし、だからと言って放置しておくと大きな病気を見逃してしまうことも。そこで、 柴犬が下痢になる原因や対処法、病院にかかる目安について解説します。

もくじ

    愛犬が下痢をする原因

    柴犬の下痢が心配!原因と対処法や病院にかかる目安を解説
    (PintoArt /shutterstock)

    愛犬が下痢をするにはさまざまな理由があります。主なものについて解説しましょう。

    病気によるもの

    コロナウイルス、パルボウイルスといったウイルス、コクシジウムのような寄生虫、食物アレルギーなど、病気が原因で下痢をすることがあります。

    また、免疫異常による炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうしっかん)や、消化吸収に異常をきたす膵外分泌不全(すいがいぶんぴつふぜん)、リンパ腫などの腫瘍といった疾患が隠れている可能性も。

    愛犬の健康のために、「下痢くらいすぐおさまる」と安易に考えず、適切な対応を心がけましょう。

    異物誤飲や盗み食い

    小さなおもちゃやビニール、電池や植物などを誤飲することも下痢の原因となります。長く愛用しているおもちゃの部品が取れて誤飲につながることもあるため注意しましょう。

    また、飼い主さんの目を盗んで玉ねぎやチョコレートのように犬に害のある食べ物を食べてしまった場合も、下痢をすることがあります。

    誤飲・盗み食いしたものによっては命にかかわることもあるため注意しましょう。

    食事によるもの

    市販されているドッグフードは、一般的に犬が食べても大丈夫なもので作られています。しかし、年齢や体質、食の好みといった要因により、愛犬にあうフードとそうでないものもあります。

    愛犬の下痢が始まる前にフードを変えている場合は、それが原因となっている可能性も。以前のフードに戻してみて下痢がおさまるかどうか確認してみましょう。

    ストレスによるもの

    来客やトリミングなど嫌いなことや苦手なことに直面し、愛犬がストレスを感じることで下痢につながることもあります。検査などで下痢の原因を探ったものの異常がない場合、ストレスが下痢の原因となっているかもしれません。

    寒さによるもの

    体が冷えると免疫力が下がり、体調不良を引き起こしたり病気にかかったりすることがあります。寒さによる腸の冷えが下痢の直接的な原因になっていることもあれば、免疫力低下による病気が原因となっていることも。

    飼い主さんが判断することは難しいため、心配な場合は動物病院を受診しましょう。

    我慢強い柴犬は健康観察が大切。子犬や老犬は特に注意

    我慢強い柴犬は健康観察が大切。子犬や老犬は特に注意
    (thirawatana phaisalratana /shutterstock)

    日本古来の犬として愛される柴犬は、我慢強く、体の具合がわるくても行動に出さないことが多い犬種。そのため、病気が発覚しにくいという特徴があります。

    飼い主さんは、日頃から愛犬の食事の量や排泄物の状態、散歩の様子などを細かく観察し、「おかしいな」と思ったら早めに獣医師の診察を受けるようにしましょう。

    特に子犬や老犬は要注意です。ただの下痢だと思っていても、体力のない子犬や老犬は命取りになってしまうことも。

    フードを切り替えたなど原因が明確な場合は1〜2日様子を見ていても問題ないことがほとんどですが、出血や嘔吐などほかの症状があったり明確な原因がわからなかったりする場合は、緊急性が高い可能性があるためすぐに受診しましょう。

    【関連記事】
    柴犬の性格や特徴は?飼い方や費用について解説

    柴犬の危険な下痢の症状とは?受診するか判断するポイント

    柴犬の危険な下痢の症状とは?受診するか判断するポイント
    (Dollydoll29 /shutterstock)

    愛犬の下痢が心配な場合は、動物病院で診てもらうのが一番ではありますが、場合によってはすぐに受診するのが難しいこともあるでしょう。

    その場合は、下痢の様子で判断してみてください。

    【今すぐ受診が必要な下痢】

    • 水のような便(水様便)
    • 赤や黒い便(血便、黒色便)、ゼリー状の便
    • 元気がない
    • 食欲がない
    • 下痢を繰り返す
    • 嘔吐がある

    【様子を見ていて大丈夫な下痢】

    • フードを変えた、ストレスがあったなど原因が明確
    • 元気で食欲もある

    ただし、様子を見ていても大丈夫な下痢でも、2~3日続いたりするようなら動物病院を受診しましょう。

    子犬や老犬は早めに受診を

    子犬の場合、「元気があるし大丈夫」と思っていても急速に病状が悪化することがあります。老犬の場合も、体力や抵抗力が落ちていて大事に至ってしまう可能性があるため、できるだけ早めに動物病院を受診しましょう。

    早めに適切な処置をしてもらえれば、愛犬を危険に晒さずに済みます。

    下痢の症状で動物病院を受診する時のポイントや症状、治療方法について詳しくはこちらをご覧ください。

    【関連記事】
    【獣医師監修】犬はどんな時に下痢になるの?予防と原因や対処法、病院に行くべき症状を解説

    柴犬の下痢(軟便)を予防するポイント

    柴犬の下痢(軟便)を予防するポイント
    (yuzu /shutterstock)

    柴犬の下痢(軟便)を予防するために、飼い主さんは次の点に注意しましょう。

    ストレスを溜めない工夫を

    狩猟犬や番犬として活躍してきた柴犬は独立心が強く、ナワバリ意識も高めでベタベタとした関係を好みません。

    かわいいからとかまいすぎると、ストレスになることも。部屋の中には柴犬がゆっくり過ごせるスペースを用意し、必要以上に構わないようにして、無駄なストレスを与えないようにしましょう。

    拾い食いをしないしつけを

    好奇心旺盛な柴犬は、きちんとしつけをしないと拾い食いをしてしまうことも。特に散歩の時間には、思いがけないものが落ちていることもあります。

    拾い食いを予防するためには、子犬の頃から根気よくしつけることが大切です。リーダーウォークや待てなどの基本的なしつけを繰り返し、いざという時に飼い主さんが行動を静止できるように練習しておきましょう。

    子犬やシニア期は気候の変化に注意

    ダブルコートの被毛をもつ柴犬は、寒さに強い犬種です。しかし、子犬期やシニア期は気候の変化が大きな負担になることもあります。特に秋口から冬にかけては、寒さで体力が奪われてしまわないよう注意しましょう。

    室内で過ごす場合は室温の管理を心がけ、ベッドには毛布などを用意して、暖かく過ごせる工夫をしてあげてください。また、寒さが厳しい日は防寒着を着せてお散歩に行くなど、体を冷やしすぎないよう心がけましょう。

    愛犬の下痢について、詳しくはこちらをご覧ください。

    【獣医師監修】犬はどんな時に下痢になるの?予防と原因や対処法、病院に行くべき症状を解説

    柴犬が下痢(軟便)になったら…治療費はいくらかかる?

    柴犬が下痢(軟便)になったら…治療費はいくらかかる?
    (MitchyPQ /shutterstock)

    柴犬が下痢で動物病院を受診したという事例をご紹介します。

    胃腸障害(7歳・女の子)

    胃腸障害の治療のため、皮下注射、点滴、酸素吸入、血液検査、尿検査、レントゲン検査、糞便検査、全身麻酔、内服薬の処方 など9日間の入院治療を行いました。

    【治療期間】

    入院9日間

    【治療総額】

    治療総額 46万4,424円

    当社のペット保険、「げんきナンバーわんスリム プラン70」に加入していた場合、自己負担額例は以下の通りです。

    お支払い保険金 29万3,597円
    自己負担額 17万0,827円

    ※免責金額(5,000円×9日=45,000円)
    ※治療費全てが保険金の対象となる場合
    ※当社の保険金支払い事例に基づくデータであり、一般的な水準を提示するものではありません
    *2024年7月時点の内容です。今後の商品改定や保険料率の見直し等により、変更となる場合があります。

    胃腸炎(4歳・男の子)

    胃腸炎の治療のため、皮下注射、点滴、レントゲン検査、内服薬などの3日間の通院治療を行いました。

    【治療期間】

    入院3日間

    【治療総額】

    治療総額 6万2,405円

    当社のペット保険、「げんきナンバーわんスリム プラン70」に加入していた場合、自己負担額例は以下の通りです。

    お支払い保険金 3万3,184円
    自己負担額 2万9,221円

    ※免責金額(5,000円×3日=15,000円)
    ※治療費全てが保険金の対象となる場合
    ※当社の保険金支払い事例に基づくデータであり、一般的な水準を提示するものではありません
    *2024年7月時点の内容です。今後の商品改定や保険料率の見直し等により、変更となる場合があります。

    下痢(2歳・女の子)

    急性下痢のため1日間の通院で、皮下注射、筋肉注射、内服薬処方などの治療を行いました。

    【治療期間】

    通院1日間

    【治療総額】

    治療総額 1万1,000円

    当社のペット保険、「げんきナンバーわんスリム プラン70」に加入していた場合、自己負担額例は以下の通りです。

    お支払い保険金4,200円
    自己負担額6,800円
    ※免責金額(5,000円×1日=5,000円)
    ※治療費全てが保険金の対象となる場合
    ※当社の保険金支払い事例に基づくデータであり、一般的な水準を提示するものではありません
    *2024年7月時点の内容です。今後の商品改定や保険料率の見直し等により、変更となる場合があります。

    柴犬の治療費が心配なら、ペット保険に入っておくと安心

    柴犬の治療費が心配なら、ペット保険に入っておくと安心
    (mannpuku /shutterstock)

    一口に下痢といっても原因はさまざま。ペットには公的な健康保険がなく治療費は、全額自己負担となります。

    愛犬がいつ大きな病気になってしまうかは、人と同じで予測することはできませんが、万が一の時に飼い主さんの負担を軽くすることができるのがペット保険です。

    ペット保険は健康でないと加入できず、加入可能な年齢が「満7歳まで」のように制限のある場合がほとんどです。愛犬が健康なうちに高額な治療費に対応できるペット保険に加入しておきたいものです。

    ペット保険の選び方のポイント

    ペット保険にはたくさんの種類があり、保険商品によって補償内容は大きく異なります。「どれも同じようだから、保険料が安いものにしよう」と判断せず、補償内容をよく理解した上で選ぶようにしましょう。

    • その犬種・猫種が発症しやすい病気やケガが補償されるか
    • 金銭的に負担の大きい高額な治療費に対応できているか
    • 1日あたりの支払い金額や年間の通院日数の上限が十分か
    • 終身で更新が可能か
    • 更新時に条件変更がないか など

    親身に対応してもらえるかなどもチェックしておくと安心です。

    著者・監修者

    PNS編集部

    ペットライフに新しい発見を。
    ペットニュースストレージ編集部です。

    PNS編集部

    関連記事

    関連記事はまだありません。

    ページトップに戻る