パグは熱中症に注意!暑さに弱い犬種の危険な症状と熱中症対策方法を紹介
2022.09.14 作成

パグは熱中症に注意!暑さに弱い犬種の危険な症状と熱中症対策方法を紹介

PNS編集部

PNS編集部

犬は暑さが苦手な体質です。特にパグは暑さに弱く、早めに対処しないと熱中症になることも。熱中症の治療費は重症化すると10万円を超えることもあります。愛犬にも辛い思いをさせないよう、早めの対策をして、気温の高い時期でも快適に過ごせるよう工夫していきましょう。

もくじ

    パグは暑さに弱い!熱中症になりやすい犬の特徴

    パグは熱中症に注意!暑さに弱い犬種の危険な症状と熱中症対策方法を紹介
    (wriemis /shutterstock)

    犬はハアハアという呼吸(パンティング)をして唾液を気化させることで暑さを逃がしますが、短頭種は上手く呼吸ができず、熱中症になりやすくなります。

    パグは、頭蓋骨の大きさに対して鼻の長さが極端に短い短頭種の代表ともいえる犬種。パンティングが激しくなると、喉の上奥にある肉が垂れて気道を塞いでしまう軟口蓋過長を発症しやすくなる特徴があります。

    パグが激しく呼吸した時に聞こえるガガガという雑音は、このような特徴によるものです。このためますます呼吸が上手くできなくなり、熱中症になりやすくなるのです。

    その他にも、皮膚のたるみが多く熱を逃がしにくい、小柄で地熱の影響を受けやすいといった傾向もあります。

    また、暑さに弱い体質を持つのは犬種だけでなく、体格や年齢でも異なります。次の特徴をもっている場合は、早い時期から熱中症に気をつけてあげましょう。

    興奮しやすく元気な子

    興奮して運動量が増え体温が上がることで、脱水を起こしやすく熱中症リスクが増してしまいます。水分補給できない状況ではさらに熱中症になりやすくなります。

    パグは元気で興奮しやすい性格の子が多い犬種のため注意しましょう。

    子犬や高齢犬など体力のない犬

    身体機能が衰えていたり、未成熟の年齢だったりする犬は、体温調節がうまくできず熱中症になりやすいといわれます。

    肥満の犬

    脂肪の多い体型の場合、脂肪の層が熱を溜め込んでしまい、体温が下がりにくくなります。パグは食欲旺盛で太りやすい特徴があり、体型によっても熱中症リスクが高まります。

    【関連記事】
    【獣医師監修】犬や猫もダイエットが必要?肥満にならないようにカロリー計算をしよう

    呼吸器疾患のある犬

    肺や呼吸器に疾患があると、パンディングがうまくできず熱中症になりやすくなってしまいます。パグは短頭種のため呼吸が上手ではなく、呼吸器が弱くなりやすい犬種であるため、より注意が必要です。

    獣医師の88%が推奨するペット保険「げんきナンバーわんスリム」ペット&ファミリー損保
     

    犬の危険な熱中症の症状とは?

    犬の危険な熱中症の症状とは?
    (fongleon356 /shutterstock)

    熱中症は命に関わる病気です。早期発見のためにも、まずは症状を覚えておきたいところ。特に気温の上がる時期にはチェックしてあげましょう。

    熱中症の初期症状

    熱中症の初期症状として、次のものが挙げられます。

    • 呼吸が荒い
    • 口の中や舌が赤い
    • よだれが多い
    • 落ち着きがない
    • ボーっとしたりフラフラしたりしている
    • 横になって起き上がろうとしない
    • 元気がなくぐったりしている
    • 心拍数が普段より上がっている

    これらの症状が見られたら、日陰に移動して体を冷やし、うちわなどであおいで重症化を防ぎましょう。ちょっとした違いを見逃さないよう、普段から愛犬の様子をチェックしてあげてください。

    熱中症の危険な症状

    暑い環境にいて次の症状があらわれた場合、熱中症が進行している可能性があります。

    • 下痢や嘔吐が見られる
    • 血尿や血便、吐血が見られる
    • 痙攣や震えがある
    • 歯茎が白かったり、粘膜や舌が青紫になったりしている
    • 呼んでも反応せず、意識がない

    このような症状が見られたら、涼しい場所でワキや首元など太い血管のあつまる部分を冷やしつつ、できるだけ早く動物病院を受診しましょう。

    愛犬に熱中症の症状が見られたときの対処法や治療法について、詳しくはこちらをご覧ください。

    【関連記事】
    【獣医師監修】危険!愛犬の熱中症・病気のサイン、応急処置、治療法、予防策を知っておこう

    パグを熱中症にさせないためのポイント

    パグを熱中症にさせないためのポイント
    (Tanya Dol/shutterstock)

    パグの熱中症を予防するために、次の点に注意してください。

    • 日中の屋外での激しい運動は避ける
    • 散歩は涼しい時間帯にする
    • 水分補給と日陰での休憩をこまめにとる
    • 肥満にさせないように日頃から気をつける
    • 遊びなどで過度に興奮させないようにする
    • エアコンを活用して部屋の温度や湿度を管理する
    • 接触冷感やアルミ板、冷感ジェルなどの熱中症対策グッズを利用する

    暑い季節は、愛犬を暑い環境にさらさないことが大切です。いくつもの方法を用意し、何重にも対策してあげましょう。

    パグの夏の散歩対策は?

    パグは遊ぶのが大好きな犬種です。サーフィンやサッカーなどアクティブなスポーツも楽しんでくれますが、気温の高い時期は様子を見ながらにしましょう。

    特に温度や湿度に気を付け、散歩は直射日光に当たらないよう、日陰を歩かせるなどの工夫をします。保冷剤を布などにくるみ首の周りの冷やすのも有効です。また、暑い時期は適度に散歩をさせないという選択肢もあるでしょう。

    パグはサマーカットをしてもよい?

    パグは短毛種ですから、基本的にはトリミングの必要がなくサマーカットもしません。必要以上に被毛をカットすると、皮膚の保護ができなくなるなど、デメリットも増えてしまいます。サマーカットの必要はないでしょう。

    【関連記事】
    【獣医師監修】犬の暑さ対策はどうする?日本の夏を快適に過ごす方法

    パグが熱中症になったら…治療費はいくらかかる?

    熱中症は、早期発見し症状が軽い段階で適切な処置ができるかどうかで治療内容や治療費にも大きな差が出ます。ここでは、パグの熱中症の治療費の事例を紹介します。(ペット&ファミリー損保の請求事例より)

    パグ(1歳・女の子)

    パグ(1歳・女の子)
    (Yekatseryna Netuk/shutterstock)

    6月に、熱中症と低血糖の症状で6日間入院し、治療を行いました。

    【治療期間】

    入院6日間

    【治療総額】

    治療総額    12万1,284円

    当社のペット保険、「げんきナンバーわんスリム プラン70」に加入していた場合、自己負担額例は以下の通りです。

    お支払い保険金7万2,299円
    自己負担額4万8,985円
    ※免責金額(3,000円×6日=18,000円)
    ※治療費全てが保険金の対象となる場合
    ※当社の保険金支払い事例に基づくデータであり、一般的な水準を提示するものではありません
    *2023年4月時点の内容です。今後の商品改定等により、変更となる場合があります。

    パグ(1歳・男の子)

    パグ(1歳・男の子)
    (Poltavets Anastasiia/shutterstock)

    9月に熱中症になり、夜間に受診。点滴、注射などの治療を行いました。

    【治療期間】

    通院1日間

    【治療総額】

    治療総額      1万7,050円

    当社のペット保険、「げんきナンバーわんスリム プラン70」に加入していた場合、自己負担額例は以下の通りです。

    お支払い保険金9,835円
    自己負担額7,215円
    ※免責金額(3,000円×1日=3,000円)
    ※治療費全てが保険金の対象となる場合
    ※当社の保険金支払い事例に基づくデータであり、一般的な水準を提示するものではありません

    獣医師の88%が推奨するペット保険「げんきナンバーわんスリム」ペット&ファミリー損保
     

    パグの治療費が心配なら、ペット保険に入っておくと安心

    パグの治療費が心配なら、ペット保険に入っておくと安心
    (New Africa/shutterstock)

    熱中症は重症度によって治療費に大きな差が出ます。万が一高額な治療費が発生してしまった場合に飼い主さんの負担を軽くするために、高額な治療費に対応できるペット保険に加入しておくとよいでしょう。

    ペット保険の選び方のポイント

    ペット保険にはたくさんの種類があり、保険商品によって補償内容は大きく異なります。「どれも同じようだから、保険料が安いものにしよう」と判断せず、補償内容をよく理解した上で選ぶようにしましょう。

    • その犬種・猫種が発症しやすい病気やケガが補償されるか
    • 金銭的に負担の大きい高額な治療費に対応できているか
    • 1日あたりの支払い金額や年間の通院日数の上限が十分か
    • 終身で更新が可能か
    • 更新時に条件変更がないか など

    親身に対応してもらえるかなどもチェックしておくと安心です。

    高額治療費の支払いに強いペット保険なら『げんきナンバーわんスリム』

    ペットの高額治療費の支払に強い「げんきナンバーわんスリム」ペット&ファミリー損保

    高額治療の支払いに強いペット保険を選ぶならペット&ファミリー損害保険株式会社のペット保険「げんきナンバーわんスリム」が1つの選択肢になります。

    「げんきナンバーわんスリム」3つの特長は以下のとおりです。商品の詳細は、WEBサイトをご覧ください。

    「高額治療・長期に渡る慢性疾患の治療」に強い

    通院で10万円の治療が発生し、1日あたりの保険金支払い限度額が1万円の保険に加入していた場合、9万円は自己負担となります。しかし、「げんきナンバーわんスリム」には、「1日あたり〇円まで」のような1日あたりの限度額がないので、通院でも最大で70万円の保険金を受け取ることができます。

    また、年間の利用回数にも上限はないので、慢性疾患で20回を超える通院が発生しても保険を利用することができます。

    一生涯続けられる価格、10歳以上の保険料は値上がりなし

    ペット保険はペットの年齢が上がるにつれて大きく値上がりするのが一般的ですが、「げんきナンバーわんスリム」はペット長寿化を見据えて、10歳以上の保険料は変動しません。ペットが高齢になってから、「保険料が高すぎて続けられない」といったトラブルがないので安心です。

    最後のときまで「終身補償」

    「げんきナンバーわんスリム」は、契約後に発症した病気・ケガに対して、更新時の条件変更(発病部位を不担保とした更新など)をつけたり、契約更新の拒否などを行っていないので、安心して終身でご加入し続けて頂くことができます。

    獣医師の88%が推奨!*
    ペット&ファミリー損保のペット保険
    「げんきナンバーわんスリム」
    *出典:2019年10月 Vet’sEye調べ
    ※保険期間中に受けた病気・ケガの治療に対し保険金の支払い限度額はプラン70は年間70万円まで。プラン50は年間50万円まで。また、1日あたり3000円の免責金額(自己負担額)があります。
    ※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
    22D024-220804

    まとめ

    熱中症は愛犬の命を奪うこともありますが、飼い主さんが予防できる病気でもあります。気温の高い日は室温や散歩の時間などに気を付けるようにしましょう。愛犬の様子がおかしいと感じたら早めに動物病院を受診してくださいね。

    【関連記事】
    【プロドッグトレーナー監修】犬にとっての「適温」とは?愛犬に快適に暮らして欲しいから
    【獣医師監修】愛犬を夏バテから守ろう!夏バテの原因・症状・予防方法を解説

    著者・監修者

    PNS編集部

    ペットライフに新しい発見を。
    ペットニュースストレージ編集部です。

    PNS編集部

    ページトップに戻る