ゴールデン・レトリーバーなどの大型犬は熱中症に注意!危険な症状や予防法、治療費について解説
2022.08.12 作成

ゴールデン・レトリーバーなどの大型犬は熱中症に注意!危険な症状や予防法、治療費について解説

PNS編集部

PNS編集部

犬は暑さに弱い生き物です。特に、ゴールデン・レトリーバーのような大型犬は小型犬に比べて体温を下げにくいといわれています。万が一、愛犬が熱中症で病院にかかることになった場合、治療費は10万円を超えることもあります。気温が上がる季節を迎える前に、熱中症の症状や予防と対策、治療費などについて知っておきましょう。

もくじ

    大型犬は暑さに弱い!熱中症になりやすい犬の特徴

    ゴールデン・レトリーバーなどの大型犬は熱中症に注意!危険な症状や予防法、治療費について解説
    (Perapat Suksaran/shutterstock)

    皮膚に汗腺のない犬は、口を開けてハアハアと息をするパンティングによって体温を調節します。人のように汗をかいて体全体から熱を逃すことができないため、犬種にかかわらず犬は暑さに弱いのです。

    ゴールデン・レトリーバーのような大型犬は、肺が大きく暑い空気が体内に入りやすいことや運動量が多いことから、小型犬に比べて体温が下がりにくいといわれています。

    その他にも、以下の特徴を持つ犬は熱中症になりやすいです。

    興奮しやすく元気な犬

    しつけ前で興奮を抑えられない子、好奇心旺盛で動きが激しめの子は体温が上がりやすいです。遊びに夢中になって水分補給を忘れると、さらに熱中症リスクが上がるため注意しましょう。

    子犬や高齢犬など体力のない犬

    生理機能が未発達の子犬や体力の衰えた高齢や病気の子は、生理機能が弱く体温調節が上手くできない場合があります。体力がなくなっているとちょっとしたことが大事につながります。

    肥満の犬

    また、脂肪はいったん熱を蓄えると逃しにくいという特徴があります。暑い環境に長時間いることで脂肪がゆっくりと熱を蓄えてしまうと、なかなか体温を下げられず熱中症になってしまう可能性があるため、肥満の子も注意が必要です。

    獣医師の88%が推奨するペット保険「げんきナンバーわんスリム」ペット&ファミリー損保
     

    犬の危険な熱中症の症状とは?

    犬の危険な熱中症の症状とは?
    (Anna Goroshnikova/shutterstock)

    熱中症の症状は、程度によって異なります。初期症状と危険な症状に分けて解説します。

    熱中症の初期症状

    熱中症の初期症状として、次のものが挙げられます。

    • 呼吸が荒い
    • 口の中や舌が赤い
    • よだれが多い
    • 落ち着きがない
    • ボーっとしたりフラフラしたりしている
    • 横になって起き上がろうとしない
    • 元気がなくぐったりしている
    • 心拍数が普段より上がっている

    これらの症状が見られたら、日陰に移動して体を冷やし、うちわなどで仰いで重症化を防ぎましょう。ちょっとした違いを見逃さないよう、普段から愛犬の様子をチェックしてあげてください。

    熱中症の危険な症状

    暑い環境にいて次の症状があらわれた場合、熱中症が進行している可能性があります。

    • 下痢や嘔吐が見られる
    • 血尿や血便、吐血が見られる
    • 痙攣や震えがある
    • 歯茎が白かったり、粘膜や舌が青紫になったりしている
    • 呼んでも反応せず、意識がない

    このような症状が見られたら、涼しい場所でワキや首元など太い血管のあつまる部分を冷やしつつ、できるだけ早く動物病院を受診しましょう。

    愛犬に熱中症の症状が見られたときの対処法や治療法について、詳しくはこちらをご覧ください。

    【関連記事】
    【獣医師監修】危険!愛犬の熱中症・病気のサイン、応急処置、治療法、予防策を知っておこう

    大型犬を熱中症にさせないためのポイント

    大型犬を熱中症にさせないためのポイント
    (Tatyana Vyc/shutterstock)

    熱中症予防として、次の点を心がけましょう。

    • 日中の屋外での激しい運動は避ける
    • 散歩は涼しい時間帯にする
    • 水分補給と日陰での休憩をこまめにとる
    • 暑さ対策グッズを利用する
    • エアコンを活用して部屋の温度や湿度を管理する

    暑い季節は、愛犬を暑い環境にさらさないことが大切です。

    ゴールデン・レトリーバーなどの長毛種もサマーカットをしてもよい?

    長毛種でも、ゴールデン・レトリーバーのようなグルーミング犬種であれば、積極的に被毛をカットしなくてもよいでしょう。

    グルーミング犬種とは、上毛と下毛のあるダブルコートで換毛期に毛が生え変わる犬のこと。対して、シングルコートでカットしないと被毛が伸び続けるような犬をトリミング犬種といいます。愛犬のサマーカットは、長毛種であることよりもトリミング犬種に該当するかを基準に考えてみてください。

    ただし、被毛をカットすることでノミやダニにかまれやすくなったり、紫外線を直接受けて肌を傷つけたりしてしまう可能性もあります。できればエアコンなどで室温管理することを優先し、どうしても被毛が気になる場合にトリミングサロンに相談することをおすすめします。

    愛犬が、体を触られることやカットされることに慣れていれば、飼い主さんが自分でカットすることも可能です。

    【関連記事】
    【獣医師監修】犬の暑さ対策はどうする?日本の夏を快適に過ごす方法

    大型犬が熱中症になったら…治療費はいくらかかる?

    熱中症は、早期発見し症状が軽い段階で適切な処置ができるかどうかで治療内容や治療費にも大きな差が出ます。ここでは、大型犬の熱中症の治療費の事例を紹介します。(ペット&ファミリー損保の請求事例より)

    ゴールデン・レトリーバー(5歳・男の子)

    ゴールデン・レトリーバー(5歳・男の子)
    (135pixels/shutterstock)

    8月に熱中症になり12日間入院し治療を行いました。熱中症の症状が進んでしまっていたため、退院後は寝たきりとなり、退院後も定期的に通院し処置を行いました。

    【治療期間】

    入院12日間、通院6日間

    【治療総額】

    治療総額62万9,720円

    ペット&ファミリー損保のペット保険、「げんきナンバーわんスリム プラン70」に加入していた場合、自己負担額例は以下の通りです。

    お支払い保険金40万3,004円
    自己負担額22万6,716円
    ※免責金額(3,000円×18日=54,000円)
    ※治療費全てが保険金の対象となる場合。請求事例をもとに簡易的に保険金支払い額を算出
    ※当社の保険金支払い事例に基づくデータであり、一般的な水準を提示するものではありません

    *2023年4月時点の内容です。今後の商品改定等により、変更となる場合があります。最新の内容はホームページよりご確認ください。

    ブルドック(1歳・男の子)

    ブルドック(1歳・男の子)
    (Wirestock Creators/shutterstock)

    8月に熱中症になり2日間通院し、血液検査や点滴、注射などの治療を行いました。

    【治療期間】

    通院2日間

    【治療総額】

    治療総額10万221円

    ペット&ファミリー損保のペット保険、 「げんきナンバーわんスリム プラン70」に加入していた場合、自己負担額例は以下の通りです。

    お支払い保険金6万5,955円
    自己負担額3万4,266円
    ※免責金額(3,000円×2日=6,000円)
    ※治療費全てが保険金の対象となる場合。請求事例をもとに簡易的に保険金支払い額を算出
    ※当社の保険金支払い事例に基づくデータであり、一般的な水準を提示するものではありません

    *2023年4月時点の内容です。今後の商品改定等により、変更となる場合があります。最新の内容はホームページよりご確認ください。

    ラブラドール・レトリーバー(10歳・女の子)

    ラブラドール・レトリーバー(10歳・女の子)
    (enadan/shutterstock)

    10月に熱中症になり、1日間通院し血液検査や点滴などの治療を行いました。

    【治療期間】

    通院1日間

    【治療総額】

    治療総額3万1,840円

    ペット&ファミリー損保のペット保険、 「げんきナンバーわんスリム プラン70」に加入していた場合、自己負担額例は以下の通りです。

    お支払い保険金2万188円
    自己負担額1万1,652円
    ※免責金額(3,000円×1日=3,000円)
    ※治療費全てが保険金の対象となる場合。請求事例をもとに簡易的に保険金支払い額を算出
    ※当社の保険金支払い事例に基づくデータであり、一般的な水準を提示するものではありません

    *2023年4月時点の内容です。今後の商品改定等により、変更となる場合があります。最新の内容はホームページよりご確認ください。

    獣医師の88%が推奨するペット保険「げんきナンバーわんスリム」ペット&ファミリー損保
     

    大型犬の治療費が心配なら、ペット保険に入っておくと安心

    大型犬の高額治療費の支払に強いペット保険『げんきナンバーわんスリム』
    (Wittybear/shutterstock)

    熱中症は重症度によって治療費に大きな差が出ます。万が一高額な治療費が発生してしまった場合に飼い主さんの負担を軽くするために、高額な治療費に対応できるペット保険に加入しておくとよいでしょう。

    ペット保険の選び方のポイント

    ペット保険にはたくさんの種類があり、保険商品によって補償内容は大きく異なります。「どれも同じようだから、保険料が安いものにしよう」と判断せず、補償内容をよく理解した上で選ぶようにしましょう。

    • その犬種・猫種が発症しやすい病気やケガが補償されるか
    • 金銭的に負担の大きい高額な治療費に対応できているか
    • 1日あたりの支払い金額や年間の通院日数の上限が十分か
    • 終身で更新が可能か
    • 更新時に条件変更がないか など

    親身に対応してもらえるかなどもチェックしておくと安心です。

    高額治療費の支払いに強いペット保険なら『げんきナンバーわんスリム』

    ペットの高額治療費の支払に強い「げんきナンバーわんスリム」ペット&ファミリー損保

    高額治療の支払いに強いペット保険を選ぶならペット&ファミリー損害保険株式会社のペット保険「げんきナンバーわんスリム」が1つの選択肢になります。

    「げんきナンバーわんスリム」3つの特長は以下のとおりです。商品の詳細は、WEBサイトをご覧ください。

    「高額治療・長期に渡る慢性疾患の治療」に強い

    通院で10万円の治療が発生し、1日あたりの保険金支払い限度額が1万円の保険に加入していた場合、9万円は自己負担となります。しかし、「げんきナンバーわんスリム」には、「1日あたり〇円まで」のような1日あたりの限度額がないので、通院でも最大で70万円の保険金を受け取ることができます。

    また、年間の利用回数にも上限はないので、慢性疾患で20回を超える通院が発生しても保険を利用することができます。

    一生涯続けられる価格、10歳以上の保険料は値上がりなし

    ペット保険はペットの年齢が上がるにつれて大きく値上がりするのが一般的ですが、「げんきナンバーわんスリム」はペット長寿化を見据えて、10歳以上の保険料は変動しません。ペットが高齢になってから、「保険料が高すぎて続けられない」といったトラブルがないので安心です。

    最後のときまで「終身補償」

    「げんきナンバーわんスリム」は、契約後に発症した病気・ケガに対して、更新時の条件変更(発病部位を不担保とした更新など)をつけたり、契約更新の拒否などを行っていないので、安心して終身でご加入し続けて頂くことができます。

    獣医師の88%が推奨!*
    ペット&ファミリー損保のペット保険
    「げんきナンバーわんスリム」

    *出典:2019年10月 Vet’sEye調べ
    ※保険期間中に受けた病気・ケガの治療に対し保険金の支払い限度額はプラン70は年間70万円まで。プラン50は年間50万円まで。また、1日あたり3000円の免責金額(自己負担額)があります。
    ※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
    22D024-220804

    まとめ

    熱中症は愛犬の命を奪うこともありますが、飼い主さんが予防できる病気でもあります。気温の高い日は室温や散歩の時間などに気を付けるようにしましょう。愛犬の様子がおかしいと感じたら早めに動物病院を受診してくださいね。

    【関連記事】
    【プロドッグトレーナー監修】犬にとっての「適温」とは?愛犬に快適に暮らして欲しいから
    【獣医師監修】愛犬を夏バテから守ろう!夏バテの原因・症状・予防方法を解説

    著者・監修者

    PNS編集部

    ペットライフに新しい発見を。
    ペットニュースストレージ編集部です。

    PNS編集部

    ページトップに戻る