ミックス犬・マルプーは飼いやすい?性格・しつけ方・飼い方
2022.01.28 作成

ミックス犬・マルプーは飼いやすい?性格・しつけ方・飼い方

PNS編集部

PNS編集部

マルチーズとプードルのミックス犬であるマルプー。小型で可愛い見た目、賢くしつけやすいなどの理由から、室内犬や初めて迎え入れる犬として人気があります。マルプーを迎え入れようと考えている人のために、マルプーの特徴や性格、しつけ方など、飼い方のポイントを紹介します。

もくじ

    マルプーってどんな犬?

    ミックス犬・マルプーは飼いやすい?性格・しつけ方・飼い方
    (OlgaOvcharenko/shutterstock)

    マルプーは、マルチーズとプードルという純血種同士を組み合わせたミックス犬。プーチーズと呼ばれることもあります。体高24~28cmほどのトイ・プードルとマルチーズのかけ合わせであるマルプーは、次の2パターンの生まれ方があります。

    • (父親)マルチーズ ×(母親)トイ・プードル
    • (父親)トイ・プードル ×(母親)マルチーズ

    マルチーズとプードルの特徴をどのように受け継ぐかは個体による部分が大きく、父親・母親がどちらがよいなどはありません。

    マルプーの特徴・大きさ・毛色

    特徴

    マルチーズもプードルも、丸い目と垂れた耳、短いマズルをもっています。そのため、マルプーも、くりくりとした目と垂れ耳、短めのマズルが印象的。人気のミックス犬のひとつです。

    大きさ

    マルプーは成犬でも体高20~30㎝、体重2~3Kg程度が一般的。まれに4kgを超えたマルチーズよりも大きい個体も見受けられますが、基本的には超小型犬~小型犬に分類されます。

    ※体高…四つ足をついて立ったときの、地面から背中までの高さ

    毛色

    マルプーの毛色は、バリエーションが豊富です。真っ白なマルチーズの毛色をもつこともあれば、ブラック・ブラウン・グレー・小鹿のようなフォーンといったプードルの毛色になることも。さらには、両方の毛色が混ざったタイプも見受けられます。

    被毛の質は幅広く、マルチーズの特徴を強く受け継げばふわふわとした被毛に、プードルならくるくるとした被毛になります。どちらの場合もシングルコートで抜け毛が少ないため、比較的飼いやすいでしょう。

    マルプーの性格

    マルプーには特に決まった性格はなく、マルチーズとプードルの性格の特徴のどちらか、もしくは両方をもち合わせているといわれています。

    マルチーズは、明るく愛情深い性格で、飼い主さんには甘えん坊になる傾向があります。しかし、飼い主さん以外には神経質だったり、小型犬ながら大型犬に向かっていく気の強さをもっていたりもします。プードルは、社交的で人懐こく、落ち着いた性格をもつ子が多いです。

    どちらの性格を受け継ぐかは個体差がありますが、多くの場合、「温厚」「優しい」「賢い」「甘えん坊」「明るい」「元気」といった性格の特徴をもつことが多いようです。

    マルプーの歴史

    マルチーズもプードルも長い歴史を有する犬種ですが、かけあわせであるマルプーの歴史はまだまだ浅いです。「2000年頃のミックス犬ブームで生み出された」「アレルギーがあっても飼える愛玩犬を生み出そうとした」などといわれていますが、その意図や時期ははっきりしていません。

    また、作出が安定せず、大きさや容姿、性格などの個体差が大きいといわれるのも、マルプーの歴史が浅い所以でしょう。

    ミックス犬は成長の変化を楽しもう

    ミックス犬は成長の変化を楽しもう
    (nozo_min/shutterstock)

    マルプーは、ミックス犬の中でも人気の犬です。しかし、インターネット検索をする際に「失敗」と表示されることがあります。

    これは、「子犬のときはマルチーズ寄りだったのに、成犬になったらプードル寄りになった」など、子犬から成犬になる成長過程の変化が大きいため。飼い主さんの予想と異なる成長によって「失敗した」と感じてしまう人もいるようです。

    子犬と成犬で見た目が変わりやすいミックス犬は、成長の変化を楽しめる人に向いているといえるでしょう。

    マルプーの飼い方のポイント

    マルプーの飼い方のポイント
    (Rita Petcu/shutterstock)

    マルチーズとプードルのよいところをもち合わせているといわれるマルプー。小型で抜け毛が少なく、しつけもしやすいため室内でも、初心者でも飼いやすいです。しかし、寂しがりやの一面があるため、留守がちな人はよく考えてから飼うかどうかを決めましょう。

    マルプーのしつけ方

    見た目のかわいさから甘やかしすぎると、わがままになってしまうこともあります。賢さが裏目に出ることがないよう、小さいうちからしつけはしっかり行いましょう。しつけのポイントは次のとおりです。

    生後4~13週を目安にしつけを開始

    賢いマルプーは、学習スピードも早め。間違った覚え方をしないよう、生後4~13週を目安にしつけを開始しましょう。可愛いからといって甘やかしすぎると、飼い主さんのいうことを聞かなくなります。

    飼い主さんがリーダーだということをしっかり教え、早いうちから社会性を身につけさせれば、マルプーも飼主さんもストレスなく生活できるでしょう。

    甘噛みには早いうちに対処

    マルプーは、「歯がかゆい」「飼い主さんの気をひきたい」など、さまざまな理由から甘噛みをします。大人になるにつれてなくなる場合もありますが、子犬の甘噛みを許したがために「甘噛みしても大丈夫」と学習するケースも。

    成長するにしたがって噛む力が強くなってしまったり、手に負えなくなったりすることがないよう、子犬のうちから対処しましょう。

    無駄吠え対策は、静かなときこそ「いい子」とほめる

    家に迎え入れたばかりのマルプーは、慣れない環境での心細さなどから「くぅ~ん」と鳴くでしょう。しかし、ここで声をかけて構うことを繰り返すと、「鳴けばかまってもらえる」「鳴けば要求が通る」と覚えてしまい、ことあるごとに吠えるようになります。

    無駄吠えがトラブルにならないよう、吠える時は無視をし、静かにしているときに「いい子だね」とほめるようにしましょう。

    こまめなお手入れでキレイな被毛を保って

    マルプーは、抜け毛が少ない犬ですが、毛がもつれたり絡まったりしないよう、ブラッシングはこまめに行いましょう。マルチーズもプードルもカットを楽しめる犬種です。マルプーも、毛質を活かしたカットでキレイな被毛を保ってあげるのもおすすめです。

    マルプーの散歩の仕方と運動量

    小型犬には散歩の必要がないと考えている飼い主さんも見受けられますが、体重管理やストレス解消のため、毎日の散歩は欠かさないようにしましょう。

    大型犬ほどの運動量は必要ありませんが、1日20分程度を目安にしつつ、愛犬の性格や体力を見極めながら対応するようにしてください。

    マルプーの平均寿命

    マルプーの平均寿命
    (OlgaOvcharenko/shutterstock)

    マルプーの平均寿命は12~15歳で、ミックス犬としては平均的です。純血種同士の交配のため、遺伝性疾患は比較的少ないといわれていますが、マルチーズやプードルがかかりやすいといわれる膝蓋骨脱臼(パテラ)や気管虚脱、涙やけなどには注意しましょう。

    マルプーを家族に迎える方法と費用

    マルプーを家族に迎える方法と費用
    (OlgaOvcharenko/shutterstock)

    月齢や体格、毛色、性別などにもよりますが、マルプーの子犬の価格は30~70万円(2022年1月時点)ほど。遺伝性疾患や両親の飼育環境などを確認しつつ迎え入れましょう。

    ペットショップで探す

    ペット初心者でも迎えやすいのがペットショップです。マルプーが欲しい時、しつけで困った時にお店に行けば相談に応じてもらえるため、ペット初心者におすすめです。

    月齢がある程度いった子犬ならばワクチン接種、簡単なしつけが済んでいるケースもあります。

    ブリーダーからの紹介

    ブリーダーは、全国各地に存在する犬の繁殖を専門とする人のこと。犬種の知識、飼育経験が豊富なブリーダーから犬を譲り受けることができるため、事前に飼い方、注意点を教わることができます。犬の飼い方がわからないペット初心者でも安心して迎え入れることができるでしょう。

    また、実際に親犬の様子を事前に確認することができるため、成犬時のサイズ感などを予測する助けになります。飼育環境などの質問にもきちんと答えてくれる、信頼できるブリーダーを見つけましょう。

    里親になる

    里親制度は、保護団体、保健所など引き取り手のいない犬、飼い主さんがいない犬を迎え入れて里親になる制度です。ペットショップ、ブリーダーと比べると費用が掛からないメリットがあります。

    ただし、里親募集によっては譲渡、引取後も必要に応じて飼育状況の確認しなければならないケースもあります。また、マルプーは人気犬種なので出会うには運やタイミングが必要です。

    家族に迎え入れるまでに準備したいもの

    犬を迎え入れるまでに、準備しておきたいものは、以下の通りです。約4~5万円ほどをみておくとよいでしょう。

    【寝床の準備】
    ・ペットサークル
    ・クレート(ペット用キャリー)
    ・ベッド

    【日用品の準備】
    ・ドッグフード
    ・フードボウル
    ・水飲みボウル

    【トイレ用品の準備】
    ・トイレトレー
    ・トイレシーツ

    【ケア用品】
    ・ブラシ
    ・爪切り
    ・ペット用シャンプー
    ・歯磨きグッズ

    【その他】
    ・首輪
    ・リード

    事前に飼育環境を整えておく必要もあります。危険なもの、噛まれては困るものは片づけるなどしておきましょう。

    夏場はクーラーなど空調設備のできるものも備えておくと安全です。余裕があれば、犬が遊べるおもちゃなども買っておきましょう。

    【関連リンク】
    犬を迎える前に準備しておきたいもの
    犬を迎える前に整えておきたい室内のポイント
    犬をペットとして迎える時の心構え

     その他の初期費用

    役所への登録料やワクチン接種・健康診断の費用として2万~3万円ほどがかかります。 

    1ヶ月にかかる飼育費用は?

    1ヶ月にかかる飼育費用は?
    (nozo_min/shutterstock)

    小型犬の平均的な飼育費用は、1カ月あたり1~2万円になります。

    食費

    フードやおやつといった食費。価格はピンキリですが、平均すると1カ月で3,000~5,000円ほどかかります。

    日用品代

    トイレシーツなどの日用品が1カ月で1,000~2,500円前後。

    シャンプー・トリミング代

    シャンプーなどのお手入れをトリミングサロンにお願いする場合は、小型犬の場合1回3,000~1万円程度をみておきましょう。

    医療費

    フィラリアやノミ・ダニの予防薬なども含め、健康であっても医療費として年間で3~5万円ほど必要でしょう。1カ月にすると3,000円程度です。

    知っておきたい、ペットの医療事情

    初めて犬を飼う方の盲点となるのが、ペットの医療事情です。ペットには公的な健康保険がなく、治療費は全額自己負担となります。自由診療のため病院によって料金が異なる点が、人とは違います。

    子犬がかかりやすい病気・ケガ

    子犬は、骨折や異物誤飲が多いです。

    • 骨折の平均的な治療費:7万~15万円
    • 異物誤飲の平均的な治療費:1万5,000~3万円 ほど

    ただし、どちらも場合によっては20万円を越えるケースもあるため、住環境を整えるなど事前の予防が大切です。

    お迎えしたばかりの頃は環境変化によるストレスで軟便や風邪にもなりやすいので体調の変化にも気を付けてあげましょう。

    ペット保険

    ペット保険は、ペットの年齢と体重によって保険料は変わります。小型犬の1ヶ月の保険料は1,300~2,800円*ほど。0~3歳の間に加入するケースが多いです。

    ただし、ミックス犬の場合まだ歴史が浅く、親犬の大きさにも左右されるため、大きく成長するケースもあることを念頭に置きましょう。

    ペット保険は、健康でないと加入できず、加入可能年齢が「満7歳まで」のように制限のある場合がほとんど。人と同じように犬も年齢が上がれば病気のリスクも上がるため、早めに加入したいものです。

    【ペット保険選びのポイント】

    ペット保険はたくさんの種類があり、どれも同じように見えるかもしれませんが、各保険商品によって補償内容は大きく異なります。

    保険料だけではなく、以下の補償内容をよく理解し、最もご自身に適した保険を選ぶようにしましょう。

    • その犬種が発症しやすい慢性疾患が補償されるか
    • 金銭的に負担の大きい高額な手術・入院に対応できているか
    • 1日あたりの支払い金額や年間の通院日数に上限がないか など
    保険最強ランキング2年連続1位のペット保険_小型犬

    *参照:慢性疾患にも、高額治療にも対応したペット保険!ペット&ファミリー損害保険「げんきナンバーわんスリム プラン50」
    *犬の加入タイプ(小型犬・中型犬・大型犬・特大犬)は、ご加入時・ご継続時の体重で 決まります。ただし、1歳未満の幼犬の場合1歳時のおおよその体重で加入タイプが決まります。

    愛犬と楽しく暮らそう 

    家族になる前からたくさんのことを学ぶことで、快適な暮らしをスタートすることができます。お迎えする犬の特徴や費用などをよく知ってよきパートナーとして信頼関係を築いていってくださいね。

     

    著者・監修者

    PNS編集部

    ペットライフに新しい発見を。
    ペットニュースストレージ編集部です。

    PNS編集部

    ページトップに戻る