ペット保険とは?動物病院を受診する前に知っておきたい使い方や選び方
2023.06.09 作成

ペット保険とは?動物病院を受診する前に知っておきたい使い方や選び方

PNS編集部

PNS編集部

ペット保険のなかには、動物病院で自己負担分だけを支払うという「窓口精算」に対応しているものもあります。非常に便利なシステムですが、窓口精算に対応しているペット保険と動物病院はそれほど多くありません。 ペット保険を選ぶ際に重視すべきは、窓口精算に対応しているかどうかよりも、補償の内容や範囲です。そこで今回は、ペット保険の重要性や補償開始のタイミング、使い方・選び方などを詳しく解説します。

もくじ

    ペット保険加入前に最寄りの動物病院をチェック!

    ペット保険加入前に最寄りの動物病院をチェック!
    (romaset/Adobe stock)

    ペット保険の精算方法は主に次の2種類に分けられます。

    • 後日精算:動物病院の窓口でいったん全額支払って、保険会社への請求後に保険金が振り込まれる方法
    • 窓口精算:動物病院の窓口で、自己負担額だけ精算する方法

    窓口精算を希望する場合は、ペット保険へ加入する前に、検討している保険商品がかかりつけや最寄りの動物病院の窓口精算に対応しているかをチェックしておきましょう。かかりつけや最寄りの動物病院が窓口精算に対応していない場合、後日精算になるため窓口精算が可能なペット保険を選ぶメリットはあまりないといえます。

    一方、後日精算であれば全国の動物病院で対応が可能です。いったん治療費を全額支払う必要はあるものの、窓口精算対応のペット保険よりも保険料が安い傾向にあるのも大きなメリットです。

    このように後日精算と窓口精算にはそれぞれメリットとデメリットがあることを理解しておきましょう。

    獣医師の88%が推奨するペット保険「げんきナンバーわんスリム」ペット&ファミリー損保

    ペット保険とは?知っておくべきポイント

    ペット保険とは?知っておくべきポイント
    (chendongshan/Adobe stock)

    ペット保険を選ぶ際に重視すべきは、窓口精算に対応しているかどうかよりも、補償の内容や範囲です。ここではペット保険を選ぶ際に知っておくべきペット保険の重要性と補償範囲について説明します。

    ペット保険の重要性

    ペット保険が重要な最大の理由として、ペットの治療費が全額自己負担になることが挙げられます。人の場合、仮に病気やケガの治療費が10万円かかったとしても、国民健康保険や会社の健康保険に加入しているので一定割合を負担してもらえます。しかし、ペットの場合、ペット保険に入っていなければ治療費は全額飼い主さんの負担となってしまうのです。

    ペットのちょっとした病気やケガであっても、高額な治療費が必要になることがあります。実際に、歯周病で20万円以上の治療費がかかることも少なくありません。ペット保険に加入しておけば、病気やケガの治療費が高額になった場合でも、自己負担額を3~5割ほどまで抑えることができます(※)。

    ※補償上限金額や加入する保険商品によって自己負担額は変わります。

    ペット保険の補償範囲

    ペット保険を選ぶ際には、事前に補償範囲を確認しておくことが大切です。例えば当社『げんきナンバーわんスリム』の場合、保険金をお支払いできる治療費は以下の通りです。 *2023年4月時点の内容です。今後の商品改定等により、変更となる場合があります。

    • 通院・入院・手術にかかった費用
    • 診察料(再診料含む)
    • 時間外診料
    • 検査料
    • 処置料
    • 薬剤料
    • 材料(包帯、ギプスなど)
    • 医療器具使用料 など

    ペット保険は保険会社やプランによって保険金の支払い対象となる治療費は異なります。上記にある時間外診料(夜間診療費や休日の割増診療費などの時間外診療費)を補償対象外としている会社も少なくありません。また、犬猫に多い膝蓋骨脱臼(パテラ)、歯科治療、椎間板ヘルニアなども加入する保険によって補償対象となるかは異なります。

    どのような診療項目や病気やケガの補償が受けられると安心かをイメージしながら補償内容を確認し、ペット保険を選びましょう。

    ペット保険の補償が始まる時期について

    ペット保険の補償が始まる時期について
    (famveldman/Adobe stock)

    ペット保険によって補償の開始時期は異なります。ここでは、保険支払い開始の一般的なタイミングと当社のケースを解説します。

    保険金の支払い開始はいつから?

    ペット保険ではペットの持病などを考慮し、契約初年度のみ、申込日から保険金の支払いを開始するまでに一定期間を設けていることが一般的です。

    具体的には、主に次の2つのパターンに分けられます。

    • 申込みから契約成立まで一定期間を設けたあと、待期期間(保険金支払い対象外期間)なしで補償を開始するケース
    • 補償開始後から待期期間を設けるケース
    ※待機期間とは、補償が開始された後でも一定の期間中に発生した傷病については補償の対象外となる期間のことです。ケガ、病気、ガンなどの事由ごとに対象外となる期間が定められているのが一般的です。

    待機期間がない保険でも、契約成立までの期間が30日であれば、保険金の支払いは31日以降となりますし、待期期間が30日の保険であっても31日以降は保険金の支払いが可能となるで、待期期間がない保険と変わらないこともあります。

    多くのペット保険では申込み直後に保険金の支払いが可能となるわけではありませんので、「保険金の支払いはいつから可能なのか」という点を事前に確認しておきましょう。

    『げんきナンバーわんスリム』の場合

    『げんきナンバーわんスリム』の場合、契約初年度に限り、ケガの場合は15日、ガン以外の病気の場合は30日間、ガンの場合は90日間、補償の対象とならない待機期間があります。

    『げんきナンバーわんスリム』は、Web加入であれば翌日から補償が開始されるので、ケガであれば最短で16日以降から保険金を受け取ることができるため、突発的な出費にもスピーディーに備えることができるでしょう。

    ※郵送でのお申込みの場合、毎月15日までに書類がペット&ファミリーに到着した場合は翌月1日から補償が開始されます。 *2023年4月時点の内容です。今後の商品改定等により、変更となる場合があります。

    ペット保険の保険金請求の仕方

    ペット保険の保険金請求の仕方
    (LIGHTFIELD STUDIOS/Adobe stock)

    ペット保険の保険金請求の仕方は次のように簡単です。

    • 診療後に保険金を請求するケース
    • 病院窓口で自己負担額だけ支払うケース

    以下では、それぞれのケースの使い方について解説します。

    診療後に保険金を請求するケース

    ペット保険では動物病院での診療後に保険金を請求することが一般的です。保険金の請求には診断書が不要な場合と診断書や証明書が必要な場合があります。

    診断書が不要な場合

    まず、飼い主さんが動物病院に治療費を全額支払ったのち、保険会社に連絡して保険金請求の手続きをします。

    必要書類の送付後は保険金の振り込みを待つのみとなります。当社の場合、必要書類がすべて到着し不備などがなければ書類到着日から20日以内にお支払いが可能です。

    ※書類に不備があった場合や動物病院への医療照会などが必要な場合などは20日を超えることがあります。

    診断書が必要な場合

    診断書や証明書が必要な場合は、動物病院への治療費の支払いに加え、動物病院で診断書を発行してもらう必要があります。その後、請求書などの必要書類と診断書を送付し、保険金の振り込みを待ちます。

    病院窓口で自己負担額だけ支払うケース

    動物病院での窓口精算が可能な場合は、精算時にペットの保険加入証(または保険証券)を窓口に提示し、あとは加入している保険の補償割合に沿って自己負担額を支払うのみです。例えば、補償割合が70%で治療費が10,000円の場合、動物病院の窓口で支払う金額は3,000円となります。

    窓口精算が可能なケースでは、一時的な全額負担を避けられるというメリットがあります。ただし、受診した動物病院が加入しているペット保険の提携先でなければ窓口精算はできません。動物病院を受診する際は事前に提携先であるかの確認をしましょう。

    ペット保険に加入できるペットについて

    ペット保険に加入できるペットについて
    (Tatyana Gladskih/Adobe stock)

    ペット保険はすべてのペットが加入できるとは限りません。ここでは、ペット保険に加入できるペットや、加入時の年齢、健康状態の条件について解説します。

    主なペットは犬と猫

    ペット保険は基本的に犬と猫が対象です。ただし、保険会社によって加入できるペットは異なります。

    なかにはウサギやフェレット、鳥類など、さまざまなペットが加入できるプランもあります。犬や猫以外のペットを飼っている場合は、まずは補償の対象であるかを確認しましょう。

    加入年齢と更新年齢に注意

    ペット保険には加入可能な年齢に制限が設けられていることが一般的です。例えば当社の『げんきナンバーわんスリム』の場合、「保険期間の開始時点で生後45日以上、7歳11カ月以下」となっています。

    また、ペット保険の契約期間は1年となるため、継続する場合は毎年契約更新を行う必要があります。終身継続を希望する場合は、更新時の審査の有無や更新可能な年齢に上限がないか事前に確認しておきましょう。

    なお、ペットの正確な誕生日がわからない場合は、血統書やワクチンの接種証明書を用いて確認をします。これらの書類がない場合、動物病院で推定年齢を確かめるという方法もあります。

    原則として、健康体であること

    ペット保険への加入は、原則としてペットが健康体であることが条件です。そのため、契約時には告知内容などに対する引受審査が行われます。

    持病があると、引受審査の結果によっては加入できなかったり、加入できたとしても特定の病気が支払い対象外になる可能性があります。このような事態を招かないためにも、ペットが若く健康な時期の加入がおすすめです。

    ペット保険に加入するメリット・デメリット

    ペット保険に加入するメリット・デメリット
    (chendongshan/Adobe stock)

    ペット保険の加入にはメリット・デメリットがあります。基本的には加入することをおすすめしますが、あらかじめメリット・デメリットを理解した上で加入することが大切です。

    ペット保険に加入するメリット

    ペット保険に加入するメリットとしては、主に以下の点が挙げられます。

    • より安心してペットと暮らすことができる        
    • 選択できる治療方法の幅が広がる        
    • 万が一の出費にも備えられる

    ペット保険に加入すると、「もしものときの備えがある」という意識から、より安心してペットと暮らすことができます。万が一、ペットが病気やケガをした際にも、治療費の心配をすることなく落ち着いて動物病院に連れて行くことができるでしょう。

    また、治療費の自己負担額が抑えられるため、治療方法の幅が広がり適切な治療を受けやすくなります。突然20万円、80万円といった高額な治療費が発生した場合でも、経済的理由から必要な治療が受けられないといった事態を避けることができるでしょう。

    ペット保険に加入するデメリット

    ペット保険に加入するデメリットとしては、主に以下の点が挙げられます。

    • 毎月保険料を支払わなければならない        
    • 基本的にペットの年齢に応じて保険料が上がる        
    • 申込時の健康状態によっては特定の病気が支払対象外となる

    ペット保険も人の保険と同様に毎月保険料を支払います。また、1年ごとに契約更新をして継続するため、ペットの年齢に応じて毎月の保険料も上がります。月払いよりも、1年分をまとめて支払う方が保険料を抑えられる場合もありますが、ペットが長寿であればあるほどより多くの保険料を支払うことになります。

    さらに、申込時の健康状態によってはペット保険に加入できても、特定の病気において支払対象外となる可能性があります。その場合、毎月の保険料を支払っていても、治療費はすべて自己負担です。

    ペット保険を選ぶポイント

    ペット保険を選ぶポイント
    (LIGHTFIELD STUDIOS/Adobe stock)

    ペット保険にはさまざまな種類があります。納得できるペット保険を選ぶためには、以下の3つのポイントを確認しておくことが大切です。

    • ペットのかかりやすい病気が補償の対象か
    • 高額な治療費の支払いに対応できるか
    • 利用可能な回数は十分か

    ペットのかかりやすい病気が補償の対象か

    まずは自分のペットに多い病気が補償対象となっているかを確認しましょう。保険によって補償内容や補償範囲は異なります。自分のペットがかかりやすい病気やケガが補償対象外の場合、ペット保険に加入するメリットが少なくなってしまいます。

    特に、高額治療になりやすい膝蓋骨脱臼(パテラ)、椎間板ヘルニア、歯周病などの歯科治療、ガンなどが補償されるかは確認するようにしましょう。

    高額な治療費の支払いに対応できるか

    保険金の支払金額に上限があるかについても確認しましょう。入院・通院・手術を合わせた「年間最大補償額 200万円」など一見して補償が手厚いように見える保険でも、手術は1回「〇万円まで」、通院は1日「〇千円まで」など、入院、通院、手術それぞれに支払上限金額が設けられている場合、上限を超えた分はすべて自己負担になります。

    【犬猫の1回あたりの平均治療費】

    手術費(犬)175,589円
    (猫)171,744円
    入院費(犬)79,345円
    (猫)78,351円
    通院費(犬)11,123円
    (猫)10,372円
    ※ペット&ファミリー損保調べ。2020年4月~2021年3月の保険金請求データより算出

    犬猫の1回あたりの平均手術費は約17万円である上に、平均よりも高い手術費が発生することも少なくありません。万が一の高額治療に備えるなら、「1回あたりの保険金支払い額の上限」のない保険や上限金額が十分にある保険かも必ず確認するようにしましょう。

    利用可能な回数は十分か

    骨折や膝蓋骨脱臼(パテラ)などの両足の手術では、手術が2回必要となることもあります。1度異物誤飲をした子が、数か月後にもう一度誤飲をしたという事例もみられますので、入院、通院、手術それぞれの年間の利用上限回数も十分か確認するようにしましょう。

    また、ペット保険は1年ごとに継続更新していくのが一般的です。犬の平均寿命は14.76歳、猫の平均寿命は15.62歳といわれています(※)。

    更新時に利用上限回数がリセットされる保険であるか、使用回数や金額に応じて次年度の補償条件が変わらないかしっかりと確認しておくと、安心して長く加入できる保険に出会えるでしょう。

    ※ 令和4年全国犬猫飼育実態調査(一般社団法人ペットフード協会)

    高額な治療費の支払に強いペット保険なら『げんきナンバーわんスリム』

    犬・猫の高額な治療費の支払に強いペット保険なら『げんきナンバーわんスリム』

    ペット保険選びでお悩みならペット&ファミリー損保の『げんきナンバーわんスリム』がおすすめです。ペット&ファミリー損保は日本のペット保険会社の中で長い歴史を持つ会社の1つです。

    『げんきナンバーわんスリム』には3つの特徴があります。

    1. 「高額治療・長期にわたる慢性疾患の治療」に強い
    2. 家計に優しい「スリムな保険料」
    3. 「充実した補償内容」で全国の動物病院に対応

    商品の詳細は、WEBサイトをご確認ください。

    1)「高額治療・長期にわたる慢性疾患の治療」に強い

    ―1日あたりの限度額・年間の利用回数に制限なしー

    1日に複数の検査を行うような通院、手術や入院の内容によっては、治療費が高額になるケースも少なくありません。例えば、通院で10万円の治療が発生し、1日あたりの保険金支払い限度額が1万円の保険に加入していた場合、9万円は自己負担となります。

    しかし、『げんきナンバーわんスリム』には、1日あたりの限度額がないため、通院でも最大で70万円の保険金を受け取ることができます。

    また、年間の利用回数にも上限がないので、慢性疾患で20回を超える通院が発生しても保険の利用が可能です。

    2)家計に優しいスリムな保険料

    ―10歳以降の保険料が上がらず、終身で更新できるー

    2)家計に優しいスリムな保険料 ―10歳以降の保険料が上がらず、終身で更新できるー

    ペット保険は人の保険と同様、年齢が高くなるほど保険料が高くなる傾向にあります。特にペットの年齢が10歳を超えると保険料が大きく値上がりすることが多く、中には加入時の3倍以上の保険料になるものもあります。

    『げんきナンバーわんスリム』は月々1,360円から*ご加入いただけ、10歳以上の保険料は変動しません。また、生涯保険を続けられるように、年齢毎の保険料の値上がりが緩やかです。

    契約更新時の審査はないため、契約時と同じ条件で終身での継続が可能です。将来の経済的負担を気にすることなく、安心して万が一の備えが続けられます。

    *プラン50(小型犬・1歳)の場合

    3)「充実した補償内容」で全国の動物病院に対応

    「充実した補償内容」で全国の動物病院に対応

    『げんきナンバーわんスリム』は全国すべての動物病院に対応しています。通院、入院、手術はもちろん、時間外診療にも対応。急な休日や夜間の診療でも安心です。

    さらに、犬や猫に多い以下の病気やケガの治療も幅広く補償します。

    犬に多い病気・ケガ 猫に多い病気・ケガ
    ・膝蓋骨脱臼(パテラ)
    ・歯周病などの歯科治療*
    ・椎間板ヘルニア
    ・僧帽弁閉鎖不全症
    ・ガン
    ・歯周病などの歯科治療*
    ・腎不全
    ・尿路結石症(尿石症)
    ・心筋症
    ・ガン
    *乳歯遺残(不正咬合を含みます)、歯列矯正などケガ・病気にあたらないもの、治療に該当しないものは保険金のお支払い対象外となります。

    補償プラン

    補償プランはご都合に合わせて、シンプルでわかりやすい2種類からお選びいただけます。

    補償プラン
    獣医師の88%が推奨!*
    ペット&ファミリー損保のペット保険
    「げんきナンバーわんスリム」
    *出典:2019年10月 Vet’sEye調べ
    ※保険期間中に受けた病気・ケガの治療に対し保険金の支払い限度額はプラン70は年間70万円まで。プラン50は年間50万円まで。また、1日あたり3000円の免責金額(自己負担額)があります。
    ※保険金のお支払い対象とならない治療費がありますので、詳しくは「補償内容ページ」「お支払い事例ページ」「重要事項説明書」などをご覧ください。
    ※今後の商品改定等により、保険料が変更となる場合があります。
    22D044-221025

    ペット保険は補償内容や保険料で選ぼう

    ペット保険は補償内容や保険料で選ぼう
    (chendongshan/Adobe stock)

    動物病院で窓口精算ができるペット保険は便利であるものの、十分な補償内容でなければ加入するメリットは少ないといえます。

    ペット保険は精算方法よりも、補償内容や保険料、限度額・回数制限などで比較・検討することが大切です。今回紹介したポイントを参考に、もしものときに安心できるペット保険を選びましょう。

    獣医師の88%が推奨するペット保険「げんきナンバーわんスリム」ペット&ファミリー損保

    著者・監修者

    PNS編集部

    ペットライフに新しい発見を。
    ペットニュースストレージ編集部です。

    PNS編集部

    ページトップに戻る