猫が「ゴロゴロ」のどを鳴らす理由とは

PNS編集部

PNS編集部

猫がのどを「ゴロゴロ」慣らす姿はかわいいものです。 でも、この「ゴロゴロ」音には意味があるのでしょうか。そう、実は猫がのどを鳴らすのには理由がちゃんとあるのです。 今回はそんな猫のゴロゴロを解説していきましょう。

ペットの治療費 こんなに高額に!?

ペットの治療費 こんなに高額に!?

今は健康なペット(わんちゃん・猫ちゃん)でも病気やケガは突然訪れるかもしれません。特に近年では動物医療の進化に伴い、治療費が思った以上に高額になるケースも。大切な家族のために、あなたも最適な選択ができるようにしてみませんか?

もくじ

    猫はどうして「ゴロゴロ」とのどを鳴らすのか

    Busarginka/shutterstock

    猫がゴロゴロとのどを鳴らすのには、気分や状況によっていくつかの意味が読み取れます。

    ・リラックスモード
    これは想像通りかと思いますが、ゴロゴロは猫がリラックスモードの時によく聞かれます。飼い主が撫でてあげると、のどをゴロゴロ鳴らす子が多いですね。きちんとしたコミュニケーションが取れている証拠でしょう。
    この「幸せのゴロゴロ」は猫がご機嫌である、というサインです。ゴロゴロ自体は大きな音でもなく、落ち着いた状態でうっとりとした表情を浮かべているのではないでしょうか。

    ・ストレスモード
    なんとリラックスとはまったく真逆の状態、ストレスフルな時にも猫はゴロゴロとのどを鳴らすのです。たとえば爪切りや入浴など、猫があまり好きではないことを強制すると、安心している状態の時よりも若干大きめの「ゴロゴロ」音を出すようです(もちろん個体差があります)。
    なぜそのようなつらい状況の時にのどを鳴らすのか。はっきりとわかってはいませんが、自分自身を落ち着かせようとしている、という説があります。

    ・リクエストモード
    そもそも猫が「ゴロゴロ」とのどを鳴らすのは、自分向けであれ他者向けであれ、つまりはコミュニケーションの一環だということは言えるのではないでしょうか。
    そうなると、食事やおやつの催促など、なにかこちらに要求したい、という状況でも猫はゴロゴロと鳴いたりします。
    ただし、リラックスモードとは少し違う音に聞こえます。少々高音で、せっぱ詰まった感じのゴロゴロ音です。具合が悪い時もこのようなのどの音がするので、表情などもよくチェックしてあげてください。

    ゴロゴロ音はどんなメカニズムで鳴っている?

    Lysikova Irina/shutterstock

    それではこの猫のゴロゴロ音、いったいどのようなメカニズムで音がするのでしょうか。
    神経振動によって喉頭の筋肉が収縮し、声帯を振動させることにより音が発生している、というのが有力説ですが、実はそれはいまだにはっきりと解明されてはいないのです。中には「仮声帯」といいう器官が猫には残っており、ここを動かしてゴロゴロ鳴らしているという説、ゴロゴロは大きな血管の中で血が流れる振動音ではないかという説もありました。

    しかし、わたしたち飼い主が考えるのは、こういったメカニズムのことよりも、「猫という存在の神秘」を感じずにはいられません。猫がゴロゴロ音を出す、というのはわたしたちにも影響を及ぼすような、もっと大きな意味合いを持つのかもしれないからです。

    「癒やし」を奏でるゴロゴロ音

    Anna Kepas/shutterstock

    猫がゴロゴロとのどを鳴らすリラックスモードシーンに遭遇したことがない人はめずらしいと思いますが、もう一度あの場面のことを思い出してみてください。
    …なんだかとても「癒やし」な音じゃないですか?
    落ち着きのある、心地よい響きはこの世界中でも唯一無二ではないでしょうか。有名なオーケストラ楽団でもこのような音は出せない気がしてしまうくらい。

    実は、猫のゴロゴロ音の周波数は「低周波」と呼ばれるものでした。この低周波、からだにリラックスを与える効果があると言われています。
    低周波の働きで、脳内で働く神経伝達物質のひとつ「セロトニン」が分泌されるのもわかっています。このセロトニンは感情や気分のコントロール、精神の安定に欠かせないものです。自律神経やホルモンバランスも整えてくれます。

    と、いうことは猫がゴロゴロとのどを鳴らすのは、一緒に暮らしているわたしたちにとってもすばらしいこと、と言えるのではないでしょうか。猫だけではなく、そばにいる人間もリラックスさせてしまうわけですから。こんな波及効果があるなんて、まったく驚きです。

    つまりは猫が好き

    Benoit Daoust/shutterstock

    ここまで猫がゴロゴロとのどを鳴らすことについて考えてきましたが、いかがでしたでしょうか。飼い主としてあらためて考えてみると、セロトニンという物質が「幸せホルモン」と呼ばれていることなど関係なしに、猫がゴロゴロ音を出すことは完全に幸せである、と言いたくなります。
    セロトニンを分泌させるには、バナナを食べたりリズム運動したり日光浴をしたりするとよいらしいのですが、そんなことよりも…などと思いませんか。

    猫と暮らす、というのはそういった日常の繰り返しで、ゴロゴロ音もその中にあるものです。
    あまりにも可愛らしくてのどを撫でたら、ゴロゴロゴロゴロ…。幸せそうな表情で、膝に乗って、わたしたちも幸せになる。猫というのは、ほんとうにハッピーな存在なのですから。

    猫が大好きなみなさん。これからも猫のゴロゴロとのどを鳴らす音を聞きながら、楽しく暮らしていきましょう。

    プロフィール

    PNS編集部

    PNS編集部

    ペットライフに新しい発見を。
    ペットニュースストレージ編集部です。

    ペットニュースストレージは専門家監修の下、
    ペット&ファミリー損害保険株式会社が運営しています。

    げんきナンバーわん

    太陽生命、大同生命をはじめとした
    生命保険グループがつくったペット保険です。

    げんきナンバーわんスリムの特長

    • ・スリムな保険料、月々1,360円から!
    • ・10歳以上の保険料は変動なし!
    • ・保険金の日額制限・回数制限なし!
    • 手術・入院、通院まで幅広く補償!
    PF-D-140 190827