トイ・プードルの性格とは?値段やおすすめのカットスタイルを紹介
2021.12.01 作成

トイ・プードルの性格とは?値段やおすすめのカットスタイルを紹介

PNS編集部

PNS編集部

人気犬種の代表格、トイ・プードル。その愛らしさは、多くの人を笑顔にしてくれます。トイ・プードルは温厚で人にもなつきやすく、頭も良い犬種です。今回は、トイ・プードルの性格、飼い方、おすすめのトリミングスタイル、注意しておくべき病気について紹介します。

もくじ

    トイ・プードルの性格

    トイ・プードルの性格とは?値段やおすすめのカットスタイルを紹介
    (Charlotte Evelyn /shutterstock)

    トイ・プードルの運動能力は非常に高く、公園でのボール遊びやドックランでの全力疾走など、とにかく体を動かすのが好きです。飼いやすい小型犬というイメージが広く知られているため、トイ・プードルに運動は必要ないと誤解されがちですが、実際は毎日のお散歩や遊び時間が欠かせません。

    性格はとても温厚な子が多く、人に懐きやすいため、初めて犬を飼う方にもおすすめです。知能面では、とても賢く利口なことが特徴にあげられます。記憶力だけでなく理解力も良いため、正しいしつけを行うことで飼い主のいうことをよく聞くいい子に育ちます。

    トイ・プードルの歴史とルーツ

    トイ・プードルの歴史とルーツ
    (mohitseb /shutterstock)

    プードルは、原産地が不明なほど、古くからヨーロッパで親しまれた犬種です。プードルのルーツは、水場での人間の猟を手伝う作業犬であったと言われています。

    ヨーロッパの上流階級の間で人気となり、大きなサイズの「スタンダード・プードル」から、小型化された犬種が作られていき、1700年代後半、最小サイズのプードルとして「トイ・プードル」が作られました。

    柔らかく美しい被毛と、愛嬌のある性格と表情で、多くの人々を魅了してきた犬種なのです。

    プードルの種類と価格相場

    プードルの種類と価格相場
    (hedgehog94 /shutterstock)

    プードルは大きさにより、トイ・プードル、ミニチュア・プードル、ミディアム・プードル、スタンダード・プードルの4種類に分類されます。

    同じプードルという犬種であっても最も小さいトイ・プードルと、最も大きいスタンダード・プードルでは、体重がおおよそ20kgも違います。

    【サイズ別】プードルの種類と価格相場

    プードルを迎え入れる方法は、一般的にペットショップで買うか、信頼できるブリーダーから直接買うかの二択です。どちらも、その子の健康状態や容姿、血統や需要次第で価格が異なります。まずは、プードルの種類とそれぞれの価格相場について見ていきましょう。

    大きさ別の特徴や価格相場(2021年10月時点)は次のようになっています。

    【スタンダード・プードル】

    スタンダード・プードルは、4種の中で最も体が大きく、大型犬に分類されている犬種です。もともと活発な犬種であるとともに体が大きいので、毎日1~2時間程度の散歩が欠かせません。賢く、穏やかな子が多いのでカナダをはじめとする欧米諸国では盲導犬としても活躍しています。

    体高:45~62cm前後/体重:23~25kg前後

    価格相場は、20~70万円ほどです。

    【ミディアム・プードル】

    ミディアム・プードルは、柴犬と同じくらいのサイズで、中型犬に分類されています。可愛らしさだけでなく気品を兼ね備えた見た目が特徴で、世界的に愛好家が多い犬種です。まだ日本ではあまり見かけないサイズですが、一番人気のトイ・プードルに比べて精神面も安定している傾向にあります。

    オス 体高:35~45cm前後/体重:15~18kg前後

    価格相場は、30~40万円ほどです。

    【ミニチュア・プードル】

    ミニチュア・プードルは、コンパクトながらも小さすぎないサイズ感で、小型犬から中型犬に分類されています。フランスの国犬として長年愛されてきた犬種で、愛くるしい見た目と天真爛漫な性格が瞬く間に人気になりました。最も明るく、気配りのできる性格で、小さすぎず大きすぎず丁度いいサイズ感なので抱き心地も抜群です。

    体高:28~35cm前後/体重:7kg前後

    価格相場は、35~40万円ほどです。

    【トイ・プードル】

    トイ・プードルは、体重約3kg前後と小さく小型犬に分類されています。日本国内において圧倒的な人気を誇る犬種で、飼育率も全犬種の中で1番です。可愛らしいルックスと、好奇心旺盛な性格に反して少し神経質な一面もあるため、飼い初めは特にメンタルケアにも気をつけましょう。

    体高:23~28cm前後/体重:3kg前後

    価格相場は、25~50万円ほどです。

    ※体高…四つ足をついて立ったときの、地面から背中までの高さのこと。

    【毛色別】トイ・プードルの種類と価格相場

    トイ・プードルの被毛の色はバリエーション豊富で、ブラック、ホワイト、レッド、アプリコット、シルバーなどがあります。いずれも、きれいな一色毛が望ましいとされており、特に日本ではレッドやアプリコットなどの茶系の毛色が高い人気を誇っています。

    毛色別の価格目安は次のとおりです。

    【ブラック】
    約38万円

    【ホワイト】
    約48万円

    【レッド】
    約45万円

    【アプリコット】
    約49万円

    【シルバー】
    約38万円

    ただし、毛色は生まれたときがいちばん濃く、成長するにつれて薄れていきます。毛色によっては一生涯変化し続ける場合もあります。

    トイ・プードルの飼い方

    トイ・プードルの飼い方
    (Rin Seiko /shutterstock)

    トイ・プードルは、アンダーコートを持たず、寒さにはそれほど強くありません。そのため、屋外ではなく家の中で一緒に暮らし、エアコンや暖房などで温度調整をしてあげる必要があります。

    その際には室温を20~25℃ぐらいに保ちましょう。家の中で、涼しい場所や暖かい場所をトイ・プードル自身で選べるように環境を整えてください。

    犬は人と比べ足腰が弱い傾向にあります。足裏の毛はこまめにカットし、床が滑りにくいようマットやカーペットを敷くことで体への負担を軽減し、ヘルニアの予防につなげられます。

    トイ・プードルの運動量は?

    トイ・プードルは、寝ている時間以外は、常に「遊ぼうよ!こっちを見てよ!」と誘ってくるほど遊びが大好きです。小さな体にも関わらず、おもちゃ遊びや、お散歩、他の犬や人との遊びも大好きな、パワフルな犬種です。頭も良く、いろいろな芸を覚えてくれます。

    小さくても、学習意欲が人一倍あるため、家の中だけにいる生活では、暇になってしまい、いたずらや問題行動につながります。毎日お散歩に行き、体力だけでなく、お外のいろいろな刺激で頭と心も満たしてあげましょう。

    トイ・プードルのトリミング

    トイ・プードルと暮らすと、トリミングでさまざまな表情を楽しめます。テディベアカットでふっくらのお顔、まんまるカットなど、たくさんのカットスタイルがあります。どのようなカットにするか、ワクワクすると同時にトイ・プードルは、トリミングが不可欠な犬種でもあります。

    柴犬は毛が生え変わることで、毛を一定の長さを保つため、カットをする必要はありません。しかし、トイ・プードルは抜け毛が少ない代わりに、毛が伸び続けます。そのため、必ずカットをする必要があります。

    月1回~数回のトリミングをすることになります。そのため、トリミングサロンに通うための費用を事前に計算しておく必要があります。また、毛が繊細で、からみやすいのも特徴です。毎日ブラッシングをして、毛玉にならないように気を付けましょう。

    テディベアカット

    テディベアカット
    (STUDIO BUDDY /shutterstock)

    王道の定番スタイル・テディベアカットは、その名の通り「くまのぬいぐるみ」をイメージした、丸いマズルが印象的な可愛らしいデザインです。体の部分がスッキリするため、夏場などの暑い時期にもおすすめできます。

    まんまるカット(アフロカット)

    まんまるカット(アフロカット)
    (Lim Tiaw Leong /shutterstock)

    まんまるカットは、顔を中心に、全体に丸みを出してぬいぐるみのようなデザインにしたスタイルです。ただし、耳が大きい子は横に広がってしまってまんまるになりにくいため、短い耳の子に向いています。

    ブーツカットスタイル

    ブーツカットスタイル
    (Rin Seiko /shutterstock)

    ブーツカットスタイルは、足先にかけて毛がどんどん長くなっていくカットスタイルです。スタイルがよく見えるオシャレなデザインですが、毛が長いため、散歩時はいろいろなものが足の毛に絡まるというデメリットもあります。

    トイ・プードルの平均寿命

    トイ・プードルの平均寿命
    (PixieM /shutterstock)

    トイ・プードルの平均寿命は、14.7歳だといわれており、比較的長寿な子が多いようです。

    日頃から、病気にならないような健康的な生活を心掛け、もし病気をしたとしても早期発見・早期治療に努めることで、さらに長生きしてくれるのではないでしょうか。

    トイ・プードルの注意しておきたい病気

    トイ・プードルの注意しておきたい病気
    (VitCOM Photo /shutterstock)

    トイ・プードルと暮らすなら、病気についても知っておきましょう。

    骨や関節の病気

    ・膝蓋骨脱臼(通称:パテラ):膝のお皿がずれやすく、歩くときに足を浮かしたり、跳ねたりします。

    ・レッグペルテス病: 成長期に多い。大腿骨の血行が悪くなり、股関節が変形してしまう。痛みが出るため歩行異常が見られます。

    ・骨折: 骨が細いため、ちょっとした高さから降りたり、落ちたりすることで、骨折します。

    皮膚の病気

    ・アトピー、アレルギー、膿皮症、かゆみ: 乾燥したヨーロッパの犬種のため、皮脂が多く、湿度の高い日本では、皮膚トラブルになることが多いです。

    耳の病気

    ・外耳炎: たれ耳で風通しが悪く、耳の毛も、皮脂も多いため、雑菌がわいて炎症が起きやすいです。

    目の病気

    ・白内障(若年性): 年齢とともに目の中にある水晶体の部分に白い濁りがみられ、視力が低下していく病気です。最悪の場合は失明に至ります。トイ・プードルは若いうちに発症しやすいため、「目の中が白く濁ってきた」などの異変を感じたらすぐに動物病院を受診しましょう。

    ・進行性網膜萎縮症(PRA): 目の網膜が委縮して失明にいたります。遺伝疾患のため、血縁関係やその個体のキャリアを検査することで、発症の可能性があるか事前に把握できます。

    内分泌系の病気

    ・副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群): ホルモン異常により多飲多尿や、脱毛などが現れます。

    その他

    ・気管虚脱: 気管が圧迫されて、潰れてしまう状態。小さな体であるトイ・プードルは、散歩で引っ張って歩いてしまうと首への負担が大きいため、首輪よりハーネス(胴輪)が推奨されています。

    ・てんかん: 体の病気や脳の神経異常から、発作が起きます。大きく体を揺さぶるものから、少し硬直したり、ふらふらする程度の発作もありますが、いずれも要治療です。

    ・停留睾丸: 男の子は生後半年~8カ月くらいで、体内にあって外からは見えない2つの睾丸が、体の外からもわかるように陰嚢に降りてきます。何かしらの理由で両方、または片方が降りてこない病気です。

    若いうちは年1回以上、6歳以上なら半年に1回以上、動物病院で健康診断をしましょう。少しでも異常を感じたら、早めに動物病院に行き、相談をしましょう。

    トイ・プードルを家族に迎えるには

    トイ・プードルを家族に迎えるには
    (Lim Tiaw Leong /shutterstock)

    子犬を迎えたら、どんなことに気を付けたらよいのでしょうか。子犬は生後6か月くらいまで、数時間おきにオシッコやウンチをします。寝たり、起きたりを繰り返しながら、家族や社会の事を学びます。家族は子犬のお世話やしつけに時間を使うことになるでしょう。

    子犬と向き合う時間をとる

    子犬を迎えてから、3~6か月間は、子犬のペースに合わせられるように、時間に余裕を持った生活をしましょう。

    子犬に4時間以上の留守番は長く、トイレの失敗や、問題行動につながりやすいです。長時間の外出の際は、子犬の保育園や、ペットシッターなども検討しましょう。

    子犬の月齢もチェックして

    子犬を迎えるときは、子犬の月齢にも注意しましょう。子犬は産まれてすぐに、母犬や兄弟から引き離されると、心と体の成長が未熟となり、しつけや社会性に悪影響があると言われています。

    最低でも2か月は母犬や兄弟と過ごさせてから、迎えるようにしましょう。信頼できるブリーダーの元で、親犬の健康状態や生活を見て、遺伝疾患も事前に確かめたうえで、家族に迎えましょう。

    現代では、成犬を保護団体から迎えて里親になる方も増えています。成犬の場合は、その子の個性もわかりますし、団体の人から暮らし方のアドバイスをもらうことも出来ます。

    1カ月にかかる飼育にかかる費用は?

     1カ月にかかる飼育にかかる費用は?
    (Natalia Kopylcova/shutterstock)

    小型犬の平均的な飼育費用は、1カ月あたり1~2万円になります。

    食費

    フードやおやつといった食費。価格はピンキリですが、平均すると1カ月で3,000~5,000円ほどかかります。

    日用品代

    トイレシーツなどの日用品が1カ月で1,000~2,500円前後。

    シャンプー・トリミング代

    シャンプーなどのお手入れをトリミングサロンにお願いする場合は、小型犬の場合1回3,000~1万円程度をみておきましょう。

    医療費

    フィラリアやノミ・ダニの予防薬なども含め、健康であっても医療費として年間で3~5万円ほど必要でしょう。1カ月にすると3,000円程度です。

    知っておきたい、ペットの医療事情

    初めて犬を飼う方の盲点となるのが、ペットの医療事情です。ペットには公的な健康保険がなく、治療費は全額自己負担となります。自由診療のため病院によって料金が異なる点が、人とは違います。

    子犬がかかりやすい病気・ケガ

    子犬は、骨折や異物誤飲が多いです。

    • 骨折の平均的な治療費:7万~15万円
    • 異物誤飲の平均的な治療費:1万5,000~3万円 ほど

    ただし、どちらも場合によっては20万円を越えるケースもあるため、住環境を整えるなど事前の予防が大切です。

    お迎えしたばかりの頃は環境変化によるストレスで軟便や風邪にもなりやすいので体調の変化にも気を付けてあげましょう。

    ペット保険

    ペットの年齢によって保険料は変わりますが、小型犬の1ヶ月の保険料は1,300~2,800円*ほど。0~3歳の間に加入するケースが多いです。

    ペット保険は、健康でないと加入できず、加入可能年齢が「満7歳まで」のように制限のある場合がほとんど。人と同じように犬も年齢が上がれば病気のリスクも上がるため、早めに加入したいものです。

    【ペット保険選びのポイント】

    ペット保険はたくさんの種類があり、どれも同じように見えるかもしれませんが、各保険商品によって補償内容は大きく異なります。

    保険料だけではなく、以下の補償内容をよく理解し、最もご自身に適した保険を選ぶようにしましょう。

    • その犬種が発症しやすい慢性疾患が補償されるか
    • 金銭的に負担の大きい高額な手術に対応できているか
    • 1日あたりの支払い金額や年間の通院日数に制限がないか など
    保険最強ランキング2年連続1位のペット保険_小型犬

    *参照:慢性疾患にも、高額治療にも対応したペット保険!ペット&ファミリー損害保険「げんきナンバーわんスリム プラン50」

    愛犬と楽しく暮らそう 

    家族になる前からたくさんのことを学ぶことで、快適な暮らしをスタートすることができます。お迎えする犬の特徴や費用などをよく知ってよきパートナーとして信頼関係を築いていってくださいね。

    著者・監修者

    PNS編集部

    ペットライフに新しい発見を。
    ペットニュースストレージ編集部です。

    PNS編集部

    ページトップに戻る