【プロドッグトレーナー監修】犬の体臭ってどんな仕組み?ニオイの対処法ってあるの?
2021.09.22 作成

【プロドッグトレーナー監修】犬の体臭ってどんな仕組み?ニオイの対処法ってあるの?

プロドッグトレーナー

大久保羽純

大久保羽純

あなたのお家の犬は、どんな臭いがしますか?愛犬家の間では、「体臭すらも、愛おしくて可愛い」と言う方もいれば、「うちの子、ちょっとクサイかも…」と思う方もいるかもしれません。
犬と人間は、仲の良い家族だとはいえ、決して同じ種族ではありません。別の動物だからこそ、体臭のメカニズムや対処法も異なってきます。今回は、犬の体臭の仕組みと、臭いの対処法を知っていきましょう。

もくじ

    犬の体臭のメカニズムとは?

    【プロドッグトレーナー監修】犬の体臭ってどんな仕組み?ニオイの対処法ってあるの?(Silvia SF/shutterstock)

    そもそも犬と人間では、身体の構造が違います。特に、犬と人では、汗をかくときの「汗腺」の割合が異なるという、大きな違いがあるのです。

    人間の汗腺と体臭

    まずは、人間の汗腺のお話から整理していきましょう。汗腺には、2つの種類「エクリン腺」と「アポクリン腺」があります。人間には、サラッとした汗をかく「エクリン腺」が全身の皮膚の表面にあります。

    このエクリン腺からの汗は、基本的には、無色で無臭。それに対して、「アポクリン腺」は、乳白色の汗で、脇などの身体の一部に存在します。脇汗などが代表とされる、「アポクリン腺」には、臭いの元になる、脂質やタンパク質が含まれています。

    犬の汗腺と体臭

    犬の場合は、サラッとした汗をかく「エクリン腺」は、足の裏くらいにしかなく、臭いの出やすい「アポクリン腺」が全身に存在します。極端な言い方ですが、全身に脇汗をかくのが犬…というイメージでしょうか。

    とはいえ、アポクリン腺からの汗が、即、犬の体臭に繋がっているというわけではありません。アポクリン腺からの汗自体が、強く臭うわけではなく、アポクリン腺からの汗が、皮脂と混ざり合ったり、湿度や温度によって雑菌がわくことで、臭いの原因となっているのです。

    人間と比べてアポクリン腺の割合が高く、さらに、全身が毛だらけで蒸れやすい犬たち。犬から体臭がするのは、こういった背景があるのです。

    でも、そのニオイって、本当に体から?

    でも、そのニオイって、本当に身体から?(Alla Pogrebnaya/shutterstock)

    汗のかき方の構造の違いがわかりましたね。とは言え、実は、体臭は身体が原因ではないことも多いのです。「犬なのだから、クサくっても、しょうがないよね〜。」なんて簡単に考えていると、愛犬の健康を、害してしまうかもしれません。

    では、その他に考えられる、犬の臭いの原因を、知っていきましょう。

    ・歯のトラブル: 最近、犬の歯周病が、大きな問題となっています。一見すると白い歯に見えても、歯周病菌が歯茎や顎の骨をジワジワ溶かしていくのが、歯周病の怖いところ。歯茎の中に、深く、深く進行しているのです。

    歯周病や、歯のトラブルを抱えていると、口の中の雑菌や、膿によって、口の臭いが出てきてしまうのです。すでに歯周病の可能性があれば、動物病院で治療の相談が必要ですし、予防のためには、何歳だとしても毎日の歯ブラシが欠かせません。

    ・内臓のトラブル: 体内の消化器や、呼吸器、さまざまな内臓疾患によって、口から臭いが出てくることもあります。口臭の直接の原因が、口の中ではないこともあるのです。内臓疾患は見た目では気づきにくいため、定期的な健康診断と、日々愛犬を観察することは欠かせません。

    ・耳のトラブル: 通常の耳は、自己免疫によって、雑菌や感染から守られています。しかし、耳の中にトラブルが起きてしまうと、炎症や感染によって、臭いが出てくることがあります。

    特に、垂れ耳の犬種は通気性が悪いため、外耳炎などの病気に、かかりやすいと言われています。毎日、耳の臭いをチェックするなど、注意をしていきましょう。

    ・皮膚トラブル: アレルギーなど、皮膚に関する疾患があると、過剰に皮脂が生産されたり、炎症を起こしたりして、臭いが発生することがあります。

    犬は毛があるので見えづらい皮膚ですが、赤みや湿疹はないか、日々、全身をチェックしましょう。また、身体を掻いたり、なめたりするようなときにも、早めに動物病院に相談しましょう。

    ・肛門腺: 溜まりすぎた肛門腺から、臭いが発生することもあります。犬がお尻を気にしていたり、地面にお尻を擦り付けているような行動が見られたら、動物病院に相談しましょう。

    ・グルーミング不足: 外から戻ったときに、ブラッシングはしていますか?被毛には、たくさんの排気ガスやゴミが付着してしまいます。日々、こまめにブラシでホコリを落とすようにしましょう。さらに、定期的なシャンプーもお忘れなく。

    ・清潔でない寝具、洗われていない犬具: 愛犬が使うベッドや毛布、ハーネス、リード、首輪などの犬具などは、お掃除をしていますか?犬が臭わずとも、犬グッズがクサくなってしまっている可能性があります。

    湿気の多い日本は、雑菌がわきやすい環境です。犬の道具は、人間の物と同じか、それ以上に、まめにお掃除、洗濯をしましょう。

    犬はクサくない!愛犬の体臭のために出来ること

    犬はクサくない!愛犬の体臭のために出来ること(MargaPl/shutterstock)

    「犬はクサい」、「濡れた犬ほど、クサいものはない」とか、いろいろな言い方をされてしまう犬の体臭。しかし、本来はクサい生き物ではありません。犬がクサいとしたら、被毛が汚れていたり、皮膚に雑菌がわいていたり、健康状態が悪い可能性があります。

    人間は、気軽に服を着替えることが出来ますが、犬は簡単に被毛を着替えることは出来ません。

    犬も汗をかきますし、外に出たら空気中のゴミも付きます。犬が自分で身体を清潔にすることは出来ませんから、飼い主さんが毎日まめにブラッシングをしたり、2〜3週に一度のシャンプー(頻度は、その犬の状態によります)をして、身体を清潔に保つ必要があるのです。

    もし、クサくて、汚くなっているとすれば、犬の責任ではなく、飼い主さんの問題です。犬も清潔でいたほうが病気の予防になりますし、快適に過ごせます。犬から体臭がすることを、当然のことだと思わないでください。

    先ほどお伝えした通り、臭いが出てしまっている原因が、健康面での問題であることも。臭いが原因で、皮膚トラブルや、感染症にかかることもあるので、こまめなケアを行ってくださいね。

    犬も、清潔でいたいから

    犬も、清潔でいたいから(Peter Kirillov/shutterstock)

    いかがだったでしょうか?体臭のメカニズムでは、人間と同じところも、違うところもありました。しかし、清潔な身体でいる気持ち良さは、犬も人間も同じです。身体がベトベトしていたり、かゆかったりしたら、不快です。病気にもつながってしまいます。

    日本はとても湿度の高い国です。犬の体臭も、出やすい傾向があります。年間通して乾燥している国と比べれば、シャンプーや保湿、ブラッシングなど、身体のケアも念入りにする必要があるでしょう。

    愛犬の心と身体の健康のためにも、臭いのケアは忘れずに。大好きな愛犬だからこそ、いつだって笑顔で、少しでも長生きして欲しいですよね。

    著者・監修者

    大久保羽純

    プロドッグトレーナー

    大久保羽純

    プロフィール詳細

    所属 PERRO株式会社 代表取締役
    SUNNY Dog Training Partner 代表
    東京都動物愛護推進員
    健全なペットとの暮らしを目指す協会P-ALIVE 代表
    家庭動物共生教育支援フォーラム(FAES) 理事

    略歴 1985年 東京都江東区に生まれる。フェレット5匹、デグー12匹、亀3匹と暮らす。
    2003年~2007年 東海大学工学部卒業。
    2007年~2011年 某製薬会社MR(医薬品営業)勤務。
    2012年 ドッグトレーナー学校在学。
    2012年~2013年 海外留学でトレーニング修行。ニュージーランド動物保護施設「SPCA Auckland」で犬・猫のケアやトレーニングをボランティアスタッフとして学ぶ。
    2013年~現在 出張トレーニング・しつけ教室・講演などを行う「SUNNY Dog Training Partner」を設立。世界の保護施設、トレーニングを学ぶため10カ国以上を視察、滞在。外国人の夫と国際結婚。保護犬ジャックラッセルテリアと家族になる。
    2014年~2017年 関東の犬のトレーニング施設4カ所で勤務。関東の動物保護施設で勤務。
    2018年~2019年 都内専門学校でトレーニング実習講師として勤務。
    2018年~現在 「健全なペットとの暮らしを目指す協会P-ALIVE」を設立。「家庭動物共生教育支援フォーラム(FAES)」理事に就任。
    2017年~現在 犬に関するコンサルティング・トレーニングなどの総合相談業務を行う「PERRO株式会社」を設立、代表取締役に就任。世界中の犬と人との幸せな暮らしのサポートのため、日々邁進。

    資格 米国CCPDT認定国際ドッグトレーナー資格CPDT-KA所持
    PDTA認定ドッグトレーナー
    The Smart Dog Owner Academy Basic / Advance 修了
    SPCA Auckland Volunteer
    東京都動物愛護推進員
    愛玩動物飼育管理士1級
    日本ペットシッター協会公認ペットシッター士
    高等学校教諭第一種免許
    Advanced Open Water Diver
    P-ALIVEペット安全生活101講演認定講師

    ページトップに戻る